JAFSAについて

沿革

JAFSA沿革

2018設立50周年
2017NAFSA、EAIE、 APAIEにおける“STUDY in JAPAN”
ブランドプロモーション3か年計画最終年、目標達成。
2016AIEA2017年次大会(2017年2月)に初参加。
2015NAFSA2015(ボストン開催)では「62大学+2機関」出展し、過去最大規模。
“STUDY in JAPAN”としてのブランドを確立。NAFSA “Global Adviser”へ。
2014APAIE第9回年次大会、Study in JapanブースをJAFSAでとりまとめて初出展。
2013設立45周年
2012EAIE第24回年次大会、JAFSAブース初出展。
2011台湾の同種団体FICHETと協力のための覚書を交わす。
2009NAFSA Global Partner 制度 “Global Associate”となる。
2008設立40周年
NAFSA第60回年次大会、JAFSAブース初出展。
2007事務局を東京都新宿区早稲田鶴巻町に移設。初の専従選任事務局長就任。
2003特定非営利活動法人(NPO法人)として設立登記。(11月4日)
KAIE(韓国)と協力のための覚書を交わす。
2001文部科学大臣より「留学生受入れ100年記念留学生交流功労者表彰」を受ける。
2000名称を「JAFSA(国際教育交流協議会)」、
英文名をJAFSA: Japan Network for International Educationに変更。

1999アジア同種団体CAFSA(中国)およびKAFSA(韓国)と協力のための覚書を交わす。
1989国際交流基金より国際交流奨励賞を受賞。
1968「外国人留学生問題研究会」設立。
(英文名:Japanese Association for Foreign Student Affairs)

(於:東京工業大学。初代会長に名古屋大学学長を迎え、事務局を東京大学学生部内に設置。)

JAFSA歴代会長

2018. 6-上智大学学長  曄道 佳明 就任
2010.12-2018. 5早稲田大学総長 鎌田 薫  就任
2006. 5-2010.11早稲田大学総長 白井 克彦 就任
2000.11-2006. 4日本大学総長  瀬在 幸安 就任
2000.11会員による役員選挙を初めて実施