JAFSAについて

沿革

JAFSA沿革

1968東京工業大学で「外国人留学生問題研究会(JAFSA=Japan Association for Foreign Student Affairs)」設立総会を開催。初代会長に名古屋大学学長を迎え、事務局を東京大学学生部内に設置。
1969東京大学総長を会長に迎える(以後2000年まで役職指定)。
1975文部省(現文部科学省)留学生課長および東京大学研究協力部長を副会長に迎える
(以後2000年まで役職指定)。
1980事務局を東京外国語大学内に移設。
1982事務局を早稲田大学外事課内に移設。
1989国際交流基金より国際交流奨励賞を受賞。
1993事務局所を慶應義塾大学国際センター内に移設。
1999海外の同種団体であるCAFSA(中国)およびKAFSA(韓国)と協力のための覚え書きを交わす。
2000名称を「JAFSA(国際教育交流協議会)」、英文名をJAFSA: Japan Network for International Educationに変更。
会員による役員選挙を初めて実施。
事務局を(財)日本国際教育協会内に移設。
2001文部科学大臣より「留学生受入れ100年記念留学生交流功労者表彰」を受ける。
200311月4日に特定非営利活動法人(NPO法人)として設立登記。
事務局を独立させ、東京都千代田区九段南に移設。
海外の同種団体であるKAIE(韓国)と協力のための覚え書きを交わす。
2006年度末 団体会員数210団体、賛助会員8社
2007事務局を東京都新宿区早稲田鶴巻町に移設。
専任専従事務局長就任。
2007年度末 団体会員数218団体、賛助会員16社
2008設立40周年
5月 NAFSA第60回年次大会(米国・ワシントン)参加、JAFSA会員大学共同ブースをJAFSAが取りまとめて初出展。以降毎年規模を拡大しながらブース出展を継続、海外に向けた日本プロモートを促進。
2008年度末 団体会員数228団体、賛助会員29社
20096月 NAFSA Global Partner制度"Global Associate"となる。(ブース出展の早期申込など様々な特典が得られる)
12月 CDGDC(中国教育部学位与研究生教育発展中心)と(財)日本語振興協会の協力のもと、中国学位・学歴認証システム登録業務開始。
2009年度末 団体会員数233団体、賛助会員39社
11月 会員誌「ニューズレター」をメールマガジン「KAWARABAN」へ移行。
12月 海外同種団体KAIE(韓国)とFICHET(台湾)を招聘し、ウィンターセミナーを実施。
2010年度末 団体会員数244団体、賛助会員42社。(G30 採択大学は全て団体正会員)
20118月 海外の同種団体であるFICHET(台湾)と協力のための覚え書きを交わす。
2011年度末 団体会員数250団体、賛助会員38社
20129月 EAIEにJAFSAブース初出展。
2012年度末 団体会員数276団体、賛助会員51社
2013JAFSA設立45周年
2013年度末 団体会員数287団体、賛助会員50社
2014APAIE第9回年次大会、Study in JapanブースをJAFSAでとりまとめて初出展。
JASSO GGJと共同でNAFSA Global Partner 制度の最高位Global Advisorとなる。
NAFSA第66回年次大会にJASSOと共同でStudy in Japanとして出展。
2014年度末 団体会員数281団体、賛助会員49社

JAFSA歴代会長

1968.6初代会長 名古屋大学学長  篠原 卯吉 就任
1970.5第2代会長 東京大学総長  加藤 一郎 就任
(以後2000年まで東京大学総長が役職指定)    
1973.5第3代会長   〃     林 健太郎 就任
1977.6第4代会長   〃     向坊 隆 就任
1981.6第5代会長   〃     平野 龍一 就任
1985.5第6代会長   〃     森  亘 就任
1989.5第7代会長   〃     有馬 朗人 就任
1993.5第8代会長   〃     吉川 弘之 就任
1997.5第9代会長   〃     蓮實 重彦 就任 
2000.11会員による役員選挙を初めて実施
第10代会長 日本大学総長 瀬在 幸安 就任
2006.5第11代会長 早稲田大学総長 白井 克彦 就任 
2010.12第12代会長 早稲田大学総長 鎌田 薫 就任     



チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。