APAIE2017 (台湾 高雄)

★締切ました★【会員限定】APAIE2017 -JAFSA奨励セッション募集について

   ※APAIE2017年次大会における「JAFSA奨励セッション」は、
   応募がなかったため実施はございません。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


「APAIE」(Asia Pacific Association for International Education)は、アジア太平洋地域の国際教育交流団体です。
NAFSA(北米)、EAIE(欧州)に比べて歴史が新しく、規模も小さいですが、その年次大会は毎年参加者が増え、近年はアジア地域だけでなく、特に欧米からも多くの来場者があります。
第12回年次大会は2017年3月21日から3月23日まで台湾・高雄にて開催されます。
JAFSAは2013年度より会員大学共同ブースを取りまとめて出展しており、また、JAFSA奨励セッションを設け、海外に向けて日本のプロモートを促進しています。


APAIE2016 会場

APAIE2016 奨励セッションの様子


【会員限定】APAIE2017 -JAFSA奨励セッションについて


JAFSAでは、同大会において、日本が継続的に質の高い発表を行い、プレゼンスを示すことを目的に「APAIEの審査を通過した」会員のうち発表チーム2組に対し、JAFSAより奨励金を支給いたします。(1組につき5万円まで)

■□■【APAIE2017 台湾・高雄大会 JAFSA奨励セッション対象者・応募要領】■□■

1. 対象となる発表内容基準:
・日本の国際教育交流の現状を踏まえ、海外に向けて有益な情報を発信できるもの 
・日本を代表して発表するに値する内容・テーマ
(※日本の国際教育交流に関連しないものは、対象にはなりません。)

2. 発表者に期待される役割:
(1)日本の国際交流団体としてのJAFSAを広報する。
(2)日本の代表者として質の高い発表を行う。
(3)日本の国際教育交流の現状を発信し、参加者との間の興味と友好関係を深める。

3. 発表代表者(応募者)の申込資格:
以下の3点を満たすこと
(1) APAIEの審査を通過したチーム。
(2) 団体会員である機関に所属し、国際交流の分野を直接の職務対象とするか団体における推薦がある者。 もしくは継続して3年以上会員歴がある個人会員(正・賛助を問わない)。
(3) 2015年度、2016年度の海外フェア(NAFSA、EAIE、APAIE)のセッションに関し、JAFSAから助成金を支給されていない者。

4. 応募方法:
 以下の提出書類をJAFSA事務局(E-mail: info@jafsa.org)へメールで提出。
(1) APAIEより届いた審査通過の通知(Eメール)
(2) APAIEに提出したセッションタイトル、AbstractとBiography
(3) 応募理由書(A4 1枚以内、様式任意)
    a. 奨励金応募の理由、
    b. 海外における英語での発表歴、
    c. 発表代表者のJAFSAでの活動歴、
    d. JAFSAの活動に今後寄与できること、を含むこと

5. 提出期限: 申し込みを締め切りました。 2017年1月12日(木)

6. 助成内容: 奨励金として1組につき5万円を支給します。(2組まで)
  ※JAFSA事務局より振り込み後、領収書を提出いただきます。

7. 選考方法: JAFSA理事会で審査を行い決定する。

8. 発表及びその後の手続
(1) 結果発表は2017年1月末頃 (予定)
(2) 事務局から直接応募者宛てにE-mailにて結果を通知します。
(3) 発表時には「JAFSA奨励セッション」であることを言及ください。
(4) 発表者は帰国後、速やかに報告書を提出してください。
   報告書はJAFSAのウェブサイトに掲載します。


*************************************************************
(ご参考)
◎APAIE2017年次大会について
 ⇒APAIE2017 台湾・高雄大会(2017年3月)について
 ⇒APAIE公式サイト(英語)

◎APAIE2016奨励セッション採用者報告書
 ⇒報告1: 国際教養大学 前中氏
 ⇒報告2: 名古屋大学 星野氏
*************************************************************




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。