APAIE2018(シンガポール)

【発表内容】APAIE2018 -JAFSA奨励セッションについて

「APAIE」(Asia Pacific Association for International Education)は、アジア太平洋地域の国際教育交流団体です。
NAFSA(北米)、EAIE(欧州)に比べて歴史が新しく、規模も小さいですが、その年次大会は毎年参加者が増え、近年はアジア地域だけでなく、特に欧米からも多くの来場者があります。
今年は「2018年3月25日-3月29日」に シンガポールにて開催されます。

APAIE年次大会においてJAFSAは、2014年韓国ソウル大会より、会員大学を取りまとめて「STUDY in JAPAN (日本合同ブース)」を出展しています。
また、JAFSA奨励セッションを設け、海外に向けて日本のプロモートを促進しています。
こちらのページでは、APAIE2018 シンガポール大会での「JAFSA奨励セッション」についてご紹介いたします。


APAIE2017 高雄大会会場

APAIE2017 高雄大会 日本合同ブース


JAFSA奨励セッションとは


APAIE年次大会において、日本が継続的に質の高い発表を行い、プレゼンスを示すことを目的に、セッション発表者としてAPAIEの審査を通過した会員に対し、JAFSAより参加奨励金を支給する制度です。
採択者には、日本の国際交流団体としてのJAFSAを広報することや、日本の代表者として質の高い発表を行うこと日本の国際教育交流の現状を発信し、参加者との間の興味と友好関係を深めることが期待されます。


APAIE2018 JAFSA奨励セッション採択者 (1組)


【JAFSA Session 】


“Curriculum to Promote Employability for Japan-bound International Students”
11:00-11:45, 27-March, 2018
…………………………………………………………………………………
Lead Presenter:
◎Professor Keiko IKEDA,
Vice-Director, Center for International Education,Kansai University,Japan
   (池田佳子氏  関西大学)
Co-Presenter :
◎Mr Hayato MORI
Managing Director, Mori Kosan Co. Ltd, Japan
    (森隼人氏 森興産株式会社 JAFSAゴールド賛助会員)
◎Dr Anak KHANTACHAWANA
King Mongkut’s University of Technology Thonburi, Thailand
   (モンクット王工科大学トンブリー校)

………………………………………………………………………………………………
◎Session Summary:
International graduates’ employment is increasingly becoming a concern in terms of both attracting international students to Japanese higher education and supporting labor market changes and economic development in Japan. However, there has been very little concrete information made explicit on the subsequent employability of international graduates even today, with few opportunities to share it with audience outside Japan. The panel presents on the employment situation of international graduates, the challenges and experiences of transition from traditional approach in higher education to the world of work along with employers’ views on hiring and working with international graduates. Two example cases (one from an institution in Thailand and the other in Japan) that had gone through the transition will be provided in this panel. Both provide an international curriculum to promote graduates’ employability in Japan. All three presenters will explore social economic and cultural factors that affect (facilitating and/or interfering) the employment of international graduates. The panel also explores the relevance and validity of the skills gained in the specially designed curriculum for the business world as perceived by international graduates as well as their future employers.


*************************************************************
《こらちもご覧ください》
◇APAIE2018年次大会 全体情報
  ⇒ APAIE公式サイト
◇APAIE2018年次大会 「STUDY in JAPAN (日本合同ブース)」のご紹介
  ⇒ 日本合同ブース出展団体について
*************************************************************




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。