EAIE2016(リバプール/英国)

報告:EAIE2016 第28回年次大会 全体報告(於:英国・リバプール)

大会会場「ACCリバプール」(EAIE2016)

展示入口正面の「EAIEブース」(EAIE2016)


EAIE(European Association for International Education) の年次大会は、欧州の国際高等教育大会では最大規模のものです。毎年9月中旬頃に欧州各地の持ち回りで、約一週間の会期で開催されます。世界各地の大学・教育機関のブース展示、国際教育交流をテーマとした各種ワークショップ・セミナー、参加者交流イベント(レセプション等)が、大きなコンベンションセンター内やそれに隣接する施設等で数日にわたって行われます。大学間交流、国際交流担当者のネットワーキング・情報交換や、国際交流担当者の育成・指導などを目的としています。


  ◎「EAIE年次大会」について詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。
   ⇒ EAIE年次大会とは(EAIE2016の様子を中心に)

2016年の第28回EAIE年次大会は「9月13日-16日に 英国・リバプール」にて開催され、参加者5200人、参加国80か国以上を記録しました。

このEAIE2016リバプール大会において、JAFSAはJASSO(日本学生支援機構)と共同で、JAFSA会員大学・機関を取りまとめて「STUDY in JAPAN (日本合同ブース)」を出展致しました。
以下、その様子をお知らせ致します。   (報告者: JAFSA事務局 シニアマネージャー 小林京子)


 (各項目をクリックすると当該箇所に飛べます)
1) EAIE2016 Liverpool  第28回年次大会 概要
2) EAIE2016 「STUDY in JAPAN (日本合同ブース)」概要
3) EAIE2016 「STUDY in JAPAN」レセプション
4) EAIE2016 「STUDY in JAPAN」出展大学による報告書
5) EAIE2016 「STUDY in JAPAN」出展大学アンケート結果
6) EAIE2016 「JAFSA奨励セッション」
(予告) 《EAIE2017 スペイン・セビリヤ大会について》


1) EAIE2016 Liverpool  第28回年次大会 概要


Conference Schedule (EAIE2016)

日 程 2016年9月13日(火)-16日(金) (展示は9/14-16)
開 催 地英国・リバプール
会 場 ACC Liverpool (クリックすると会場HPが開きます)
参加人数5.200人
参 加 国80か国以上
出 展 数200ブース以上
大会HPEAIE Liverpool 2016 (クリックすると大会HPが開きます)

EAIE年次大会は、例年約5,000人の参加規模だが、
今大会は「5,200人」と一段と増え盛況だった。
開催前に起きた英国のEU離脱を受け、大会中のセッションではBrexitによる留学生動向の変化、難民受け入れ傾向の変化、といった時事的なテーマに関心が多く集まっていたようだ。
展示会場では、EAIEはもともと欧州内での交流を目的として始まった会であることを受け、今回も従来通りの欧州圏ブースを中心とした展開になっていたものの、年を追うごとに、北米、南米、アジア・オセアニア、といった他地域からの参加が増えてきている印象で、徐々にグローバルなフェアとして成長を遂げている姿が伺えた。
大会規模としては、NAFSAの半分程度、また昼食やティーブレイクが参加費に込みになっていることもあり、NAFSAと比較すると少しゆったりとした形で参加者同士の交流が進められ、会場のあちこちで再会を喜び話し込む姿や、これからの交流のために情報交換しあう姿などが活発に見受けられた。


登録受付ロビー (EAIE2016)

多くの来場者で賑わう「展示会場」 (EAIE2016)

開催地ホストのLiverpoolブース (EAIE2016)


EAIE2016の「展示会場フロアー図(Floor Plan、ブース配置図)」は下記の通り。
EAIEは、出展者の地域別にブースを配置するのが慣例となっており、会場入口すぐの一番目立つ所に主催団体のEAIEブース、開催地ホストのブースが並び、その次に一番参加が多い欧州地域のブースが並ぶ、というパターンがある。今大会もそれに倣った配置となり、日本合同ブースは会場奥のアジアエリアの中に配置された。(ブースNo.437) 
しかし奥といっても中央、展示運営の公式業者であるICWEブースの目の前に位置し、人通りも多く、展示会場内最大規模で展開する「STUDY in JAPAN」に対しての運営側の配慮が感じられた。


Floor Plan (EAIE2016) クリックすると拡大されます

展示会場内のブース位置を示す掲示(EAIE2016)

展示フロアー (EAIE2016)

展示フロアー (EAIE2016)

展示会場風景 (EAIE2016)

展示会場風景 (EAIE2016)

展示会場風景 (EAIE2016)


→ Go back to “Menu”


2) EAIE2016 「STUDY in JAPAN (日本合同ブース)」概要


EAIE2016大会での日本合同ブースには、国内の「26大学」が出展した。
(JAFSA取りまとめ20大学+JASSO取りまとめ6大学)
日本ブースのサイズ(面積)は、EAIE2015大会と同じく「集合ブース上限サイズの120平米(EAIEでの規定)」での展開だが、近年各出展団体の打合せが増え、ブース内が込み合うようになってきたため、2016大会では各団体の区画を少し広げ、その結果出展団体数を絞ることとなった。


2015年グラスゴー大会出展:30団体、 1区画:3m×2m、 全区画:120平米 (20区画)
2016年リバプール大会出展:26団体、1区画:3m×2.5m、全区画:120平米 (16区画)

EAIE2016 “STUDY in JAPAN” ~出展26大学のご紹介~


1. Exhibiting Universities (Programme Advertisement) EAIE2016

北海道・東北地区 国際教養大学、東北大学、北海道大学
関東地区  お茶の水女子大学、 神奈川大学、国際基督教大学、 首都大学東京、上智大学、創価大学、中央大学、日本大学、立教大学
関西地区 追手門学院大学、 大阪学院大学、
関西大学、神戸大学、奈良女子大学、
立命館大学
九州・沖縄地区沖縄科学技術大学院大学、
立命館アジア太平洋大学
JASSO取りまとめ大学 (6大学、50音順)大阪国際大学、 京都大学、 西南学院
大学、千葉大学、東京工業大学、
明治学院大学
《協賛団体》 manaba (株式会社 朝日ネット/JAFSA賛助会員)


2. Booth Placement (EAIE2016)

3. Exhibiting Institutions (EAIE2016)

4. Exhibitors' MAP (EAIE2016)


EAIE2016の日本ブース装飾は、昨年のブース内の混雑・手狭感を解消するため、限られた予算を工面して、仕切りや壁等がないオープンな造りとし、多数の出展団体を持ちながらも圧迫感のない、動線的にも出入りがしやすい構えとした。一方で遠くからの認識度を高めるために、EAIEの日本出展では初の、天井から下げるサイン(「JAPAN」と書いた大きな丸いバナー)を設け、会場入口からもすぐに「日本」が見えるようにした。いずれも今大会で日本ブースへの注目度を高め、多くの来場者を集めるのに貢献した。     (ブース写真の後に報告文が続きます)


→ Go back to “Menu”


開放的な造りの日本ブース (EAIE2016)

遠くからも目立った天井のサイン (EAIE2016)

終日打ち合わせでにぎわうSTUDY in JAPANブース (EAIE2016)


ブース内打合せの様子(EAIE2016)

装飾という外見の部分のみでなく、日本合同ブースの出展を重ねる中で、継続出展をされる大学が増えてきたことも、日本ブースの存在感を増す大きな要因であったと感じる。
運営側へ多々協力して下さるのみでなく、出展団体同士の横の連携も円滑であり、日本合同ブースとしての一体感・統一感を増すことができた。
また、事前に海外機関との打ち合わせのアポイントを積極的に取られ、ブースを最大限活用されていたことも、日本ブースの活気ある雰囲気を盛り立たせた。
出展団体数を絞っていたが、結果としては2015年大会よりもさらに「日本」の存在感を会場内でアピールすることができ、展示期間の3日間にわたり、途切れることのない多くの来場者で終始にぎわうブース展開となった。


Informationブース(EAIE2016)

共同運営であるJASSOには、ブースの総合案内となる「Informationブース」をご担当いただき、出展大学についてのご案内のみでなく、日本留学全般に関する情報提供も併せて行なっていただいた。
日本でこのような大学を探している、といった特定の提携先を持たない海外の教育機関からの問い合わせも連日多くあり、新規開拓の可能性がまだあることを感じさせた。

※(補足) JASSOは2017年度より大学の出展とりまとめはなくなり、出展団体の申込受付・取りまとめはすべてJAFSA、と役割分担することが決まっています。
 2017年度以降の海外フェアでは、JASSOは、このようなInformationコーナーにて、日本留学全般の情報提供・広報を行なっていただくことになっています。

資料カウンターで来場者を対応 (EAIE2016)

ブース内打ち合わせの様子(EAIE2016)

日本ブース外観 (EAIE2016)


→ Go back to “Menu”


3) EAIE2016 「STUDY in JAPAN」レセプション


ゲストにお渡しした招待状 (EAIE2016)

毎回、海外ゲストから好評いただいている「ブースレセプション」を今大会も会期中に行なった。
各出展大学にはゲスト用のお菓子の持ち寄りの協力をお願いした。地元のお菓子や、大学ブランドのお菓子など、ホストならではのお菓子の提供は海外ゲストに大変喜ばれ、各出展大学テーブルで話が弾むきっかけともなっていた。
また、JAFSA賛助会員であり、今大会の日本ブースに対して多大なご協力・ご協賛をいただいている「株式会社朝日ネット」様のご支援のもと、会場ケータリングにてソフトドリンクやワインを、そして日本からの持ち込みで「日本茶」や「日本酒」を、用意してゲストに振舞った。
EAIEは土地柄、フェア中に各ブースにて参加者交流のためにアルコールが提供されるのが慣例となっている。「STUDY in JAPANレセプション」としても「日本としてのおもてなし」を見せるべく、会場のワインのみでなく、日本から持ち込みの日本酒、日本の果実酒を提供したところ、ティスティングのテーブルに常に行列ができるほど人気が高かった。
改まった打ち合わせとは別に、このようなカジュアルなスタイルでの交流機会を設けることで、出展団体と海外ゲストとの親睦を図り、情報交換を促進するのに大いに役立った。


日 時2016年9月15日(木) 15:00-16:00
場 所STUDY in JAPAN ブース (#437)
ホストSTUDY in JAPAN ブース出展26大学
ゲスト出展大学が招待した海外大学・教育機関
開催目的日本の出展大学と海外大学・機関との
交流・情報交換
開催形式オープン形式
(ゲストの参加費無料、出入り自由) 
来場者数約300人
特別協賛manaba (株式会社朝日ネット/JAFSA賛助会員)

大盛況のレセプションの様子 (EAIE2016)

日本のお菓子を海外ゲストに説明 (EAIE2016)

大盛況のレセプションの様子(EAIE2016)


→ Go back to “Menu”


4) EAIE2016 「STUDY in JAPAN」出展大学による報告書


今大会に日本ブースに出展された団体より、「立命館大学」(JAFSA理事大学)に報告書を書いていただきました。EAIE大会の参加歴・日本ブースでの出展歴、いずれも長く、多くの経験をお持ちの大学です。
海外フェア出展にあたり、どのような準備をし、どのような活動展開をされていたのか、貴重な体験談をぜひご覧ください。(下記リンクをクリックすると当該ページに飛べます)
  ◎「立命館大学」出展参加報告


→ Go back to “Menu”


5) EAIE2016 「STUDY in JAPAN」出展大学アンケート結果


  (近日、日本合同ブース出展大学に、大会後に取ったアンケート結果を掲載予定です)


→ Go back to “Menu”


6) EAIE2016 「JAFSA奨励セッション」


『JAFSA奨励セッション』は、JAFSA会員の方の『セッション発表』に対する支援です。
具体的には、EAIE年次大会における『セッション発表に既に採用されている会員の方』の中から、要項に適合し、JAFSA理事の審査を通った方(発表1チーム)に対して「参加奨励金」を支給するというものです。
EAIE2016年大会の奨励セッションについては、2016年7月に会員の方に向けてご案内していましたが、応募がなかったため「実施なし」となりました。


 ◎EAIE年次大会のJAFSA奨励セッションについて詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。
  ⇒ EAIE2016 JAFSA奨励セッション 募集要項
  ⇒ EAIE2015 JAFSA奨励セッション 採用者報告書

→ Go back to “Menu”


“STUDY in JAPAN”@EAIE2016
Organised by
             



“STUDY in JAPAN”@EAIE2016
Supported by
  



→ Go back to “Menu”


 (予告) 《EAIE2017 スペイン・セビリヤ大会について》


EAIE2017年次大会は、2017年9月12日(火)-15日(金)に、スペイン・セビリヤにて開催されます。
◎JAFSAは引き続き、会員大学を取りまとめて“STUDY in JAPAN”ブースを出展致します!
EAIE2017セビリヤ大会ブース出展募集開始は「2017年3月頃」予定です。
JASSOによる出展取りまとめは2017年大会からはありません。これまでJASSOに申し込まれていた大学も、JAFSAにお申込みください。
◎EAIE2017 セビリヤ大会については、こちらをご覧ください。⇒「大会公式サイト(英語)」

2017年9月に、セビリヤ大会で皆様にお会いできるのを楽しみにしています!


スペイン大会予告の広報物 (EAIE2016会場にて)


→ Go back to “Menu”




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。