実施報告

報告:KAIE2011・第13回年次大会:JAFSA特別セッション

日時: 2012年2月2日(木)17:30〜18:30
場所: 慶州ヒルトンホテル
発表者: 1. Brian J. Masshardt (武蔵大学)/ 2. 上林奈津子(テンプル大学ジャパンキャンパス)
参加者数 約25名

Pre-Conference Activity:
Prior to the conference, I had the opportunity to visit two universities in the Daegu area: Keimyung and Yeungnam Universities. At both institutions our delegation held discussions with faculty and administrators and were given campus tours. The visits were a valuable opportunity to meet directly with counterparts in Korea and see firsthand the internationalization efforts of each university. I came away quite impressed with and inspired by both campuses.



Presentation Summary:
My presentation focused on three essential and interrelated aspects of internationalization: 1) presentational; 2) procedural; and 3) practical. It is my contention that more often than not universities in Japan are tending to place an emphasis on the presentational and procedural aspects while not fully embracing the opportunities to develop practical aspects. Certainly presentational and procedural aspects have value and are necessary; however, Japanese universities must aspire to develop more student-centric programs and should place a greater emphasis on the practical aspects.

Presentational aspects are often expressed as images or numbers. As such, presentational internationalization is often measurable, marketable, necessary, ubiquitous, and is the easiest of the three aspects to develop and implement. Its purpose is to introduce, show or tell something, and is often used to wrap or cover (package) the institution or specific program. Additionally, it often utilized to create a sense of belonging or community and has a variety of stakeholders. Presentational internationalization can be best captured by the phrase: “We know it when we see it.”

The two other aspects: procedural and practical were presented in the context of orientation programs; specifically orientation programs for in-bound students. In short, orientations should not only be viewed as a process or procedure that universities utilize to merely tell students something or pass along information. A practical orientation becomes a platform from which the incoming students not only gain immediate benefits but potentially long term ones as well. Practical aspects include: mental health and counseling, dietary and physical health, culture shock, and intercultural communication. Focusing on these aspects allows an orientation to better understand their students’ pasts, presents, and futures as well as the challenges they face and opportunities they see while studying abroad.

The development of a more practical orientation is not only of benefit for students, but is an opportunity for collaborative endeavors among and interaction between international centers in Japan. In short, Japanese universities can learn from each other and create a more “practical” international environment not only on their campuses but also within the international education profession. My presentation highlighted an attempt towards facilitating such interaction, by sharing findings of a workshop that I co-facilitated in August 2011 (and will again in February 2012). The workshop entitled “Workshop on Best Practices for Orientations for In-Bound, Short-term Students” and included participants from fifteen Japanese universities.

I welcome any comments or questions on my presentation, and thank JAFSA for the opportunity to share my ideas with colleagues in Korea.



発表資料(PDF)はこちらからご覧いただけます。



報告者: Brian J. Masshardt (武蔵大学)


-------------------------------------------------------------------------------------------

今回JAFSAからの発表者の一人として、初めてKAIE年次総会に参加させていただいた。国際教育に関わる韓国大学関係者が150人ほど参加し、3日間にわたってセッションやワークショップを行うという、規模の大きさにまずは驚いた。TUJ(テンプル大学ジャパンキャンパス)としてはソウルにあるSejong University(世宗大学校)とTUJ、TU(テンプルメインキャンパス)、Sejongの3者で1+3プログラム(最初の1年間をSejongで、あとの3年間をTUJあるいはTUで過ごして学位を取得する)の協定を1月に締結したばかりだったため、Sejong関係者の方々にも挨拶をすることができ、こんなにも多くの韓国大学関係者と一度にネットワーキングする機会が持てたことは非常に貴重であった。

JAFSAセッションとしては約1時間の時間をいただいたが、もう1人のJAFSAからの発表者が偶然にもTUJと協力関係にある武蔵大学のブライアン・マサハート先生だったため、マサハート先生、私の個別の発表の後、TUJと武蔵大学の「国内国際協力」についても紹介する時間を設けた。

私の発表は、”Internationalization from an Perspective of an American University in Japan” と題し、自分が日本の大学で勤務していた頃の経験と、現在のTUJでの経験を比較することで、日本の大学、また日本の大学との共通点がたくさんある韓国の大学にとって、国際化のためにはどんな点が欠けているのか、何か必要なのかということについて提言を行った。例えば、日本の大学の留学生国籍分布とTUJの学生、スタッフ、教員の国籍分布の違い、意思決定方法の違い、教職員の採用方法の違い、スタッフの持つスキルの違い、広報、学生リクルートの方法の違いなどについて説明し、韓国の大学と過去やり取りした経験も含めながら、大学が国際化するには、語学能力のみならず、コミュニケーション能力、ウェブ上の様々なサービス運用力を備えたスタッフの存在が非常に重要であることを強調した。「国内国際協力」については、TUJと武蔵大学の学生交流の事例紹介(Language exchange、キャンプ、異文化ディスカッションなど)、図書館相互利用の協定締結、近い将来実現に向けての単位互換などの話し合い進捗状況、また、ダブルディグリープログラムなど長期的な今後の交流の目標について紹介した。

KAIEの歴史はJAFSAに比べると短いが、この年次総会の参加者数を見るだけでも、KAIEの活動は非常に活発である。JAFSAでもウィンターセミナーなどの企画があるので、ネットワーキングの機会としても貴重なこのようなJAFSAのセミナーにももっと多くの参加者が集まるようになることを願いたい。

最後に、今回KAIE参加の機会を与えて下さったJAFSA関係者の皆様、3日間の会議中、韓国語が分からない私たちJAFSA代表団のために非常に細かく面倒をみてくださったKAIE事務局の皆様、また参加をサポートしてくれたTUJ関係者にこの場で感謝をしたい。



報告者: 上林奈津子(テンプル大学ジャパンキャンパス)


発表資料(PDF)はこちらからご覧いただけます。






■KAIE2011:全体報告こちら




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。