実施報告

報告:KAIE2012・第14回年次大会:全体報告(於:韓国・済州島)

KAIE2012(Korean Association of International Educators)(第14回年次大会)は2013年1月23日(水)から25日(金)にかけて韓国・済州島にあるラマダプラザ済州ホテルにて開催された。今年度のテーマ『To Make Better Understanding and Ensure Internal Stability of International Education』のもと、3日間にわたって活発な議論が行われた。

【JAFSA派遣団】 ※敬称略
<セッション発表者 2名> 小竹 雅子 (広島大学)、川口 立喜 (会津大学) ※発表順
<一般参加 1名> ジョージ.R.ハラダ (前JAFSA副会長/広島経済大学)
<同行JAFSA理事 2名> 小林 明 (JAFSA副会長/明治大学)
            円谷 恵 (JAFSA団体理事代理/国際基督教大学)



●全体報告


報告者:ジョージ・R・ハラダ(広島経済大学)

KAIE2012・第14回大会は済州島で開催された。205名の参加登録があり、海外からは40名の国際教育担当者等が参加した。外国から多くの参加者(日本、アメリカ、台湾、オーストラリア等)がいたことから、各発表会場に同時通訳を配置されていた。今回の大会では、初日に国際教育交流の共通テーマの基調講演やその他の発表があった。

基調講演は、韓国観光協会代表Charm Lee氏が韓国の魅力について語り、韓国エネルギーの源はどこから来るのか発表した。Lee氏はもともとドイツ人で韓国に魅了され帰化したところからはじまり、韓国人以上に韓国の伝統や文化のことについて熱く語っていた。

基調講演の後、関西外国語大の国際教育交流プログラムのgood practiceの発表があった。コーヒーブレイクを挟んで韓国教育省から韓国における教育制度の現状について、韓国の大学は、海外に目を向けて積極的リクルーティングを行い、同時に大学入学後に留学生が中退し、不法滞在するような事態を防止するために、教育省は大学に対し3年ごとのプログラム品質管理チェックシステムを導入し、高いレベルの国際教育交流のアクレディデーションを求めていると説明された。その後は、JAFSAから川口氏(会津大学)および小竹氏(広島大学)の各発表(報告を参照)、続けて台湾のFICHETにより台湾の教育事情が説明された。

二日目の前半には海外からの大学(アメリカ、台湾、オーストラリア)のリクルーティングセッション、後半には韓国の大学から各自の海外派遣制度の紹介と成果の報告があった。
最終日は、韓国の大学のいくつかのケーススタディを含むセミナーを行い、最後に海外からの大学と韓国の大学とのマッチ・メーキングセッションが行われた。

筆者は、昨年を除き過去10年間KAIE年次総会に毎回参加してきた。KAIEとしての組織及び一人一人のメンバーも年々成長してきていることが顕著で、海外でのプレゼンスもますます大きくなっている。今回の大会は今までの中で最大であった。大会の祝辞の中で、NAFSAのマリン・ジョンソンは、アジア地域はいろいろな意味で発展し、特に韓国の動きに注目しており、2014年のサン・ディエイゴ大会では、韓国の特集を組み、韓国からの国際教育交流担当者の多数の参加を期待すると述べた。



■KAIE2012:JAFSA特別セッション報告こちら



大会スケジュール


1月23日(水)
-Opening Ceremony
-Keynote Speech by Mr. Charm Lee, President of Korea Tourism Organization
-Plenary Session I on Enforcement of International Education Quality Assurance
System 2012
-Plenary Session II on Introduction to Korea Foundation
-Plenary Session III on International Perspectives of Kansai Gaidai, Japan
-Plenary Session IV by JAFSA (Japan Network for International Education)
-Plenary Session V by FICHET (Foundation for International Cooperation in Higher
Education of Taiwan)
-Welcome Reception

1月24日(木)
-Concurrent Session I- Universities from Australia
-Concurrent Session II- Universities from Taiwan
-Concurrent Session III-Universities from USA / Malaysia
-Seminar on Study Abroad
-Seminar on International Student Services
-Concurrent Session IV-1 for Rookies
-Concurrent Session IV-2 for Q & A on International Education
-Special Session on Chinese Student Studying Abroad: Current Situation
and Future Trend

1月25日(金)
-Annual Meeting for KAIE Members
-Concurrent Session V-1 on Customized Study Abroad Program
-Concurrent Session V-2 on Success and Failure of International Programs
-Special Seminar I-A New Market for International Education
-Service Learning for International Students
-Special Seminar II-International Program Development and Management
-Strategic Plan for International Programs
-Matchmaking Session for Korean and Int'l Guests
-Farewell




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。