NAFSA2015 ボストン大会

報告:NAFSA2015 JAFSA Special Session

JAFSA特別セッションについて


JAFSA特別セッションとは、2011年よりNAFSA事務局からJAFSAに対して特別オファーされ毎年継続しているセッションです。2014年度からは文部科学省に発表を依頼しており、各大学の個別事例とともに日本の実情や今後の目標などをプレゼンテーションしていただく良い機会となっています。


   JAFSA presented this session at NAFSA2015 Annual Conference in Boston.
********************************************************************
  ~JAFSA Special Session~
  Top Global University Initiative: Japan’s New Challenge

    Date and Time : Thursday, May 28, 8:00 AM - 9:00 AM
    Location : Boston Convention&Exhibition Center(BCEC), 156BC
    Audience : 80 people
********************************************************************



Chair & Presenters


◆Chair:
近藤 祐一氏(立命館アジア太平洋大学 教授)
Yuichi Kondo, Ph.D
Dean of Admissions, College of Asia Pacific Studies,
Ritsumeikan Asia Pacific University, Beppu, Oita, Japan


◆Presenters:
松本 英登氏(文部科学省高等教育局 高等教育企画課 国際企画室長)
Hideto Matsumoto
Director, Office for International Planning, Higher Education Policy Planning Division,
Higher Education Bureau,
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) - Japan

隅田 英子氏(慶應義塾大学 学生部事務次長兼国際連携推進室 事務長)
Hideko Sumita
Administrative Director, Office for Global Initiatives,
Keio University, Tokyo, Japan

水戸 孝道氏(関西学院大学 国際教育・協力センター 副長)
Takamichi Mito, Ph.D (Law)
Chief Acadimic Director, Cross-Cultural College Headquarters
Associate Dean, Center for International Education and Cooperation
Organization for Worldwide Collaboration,
Kwansei Gakuin University, Nishinomiya, Japan


Session Summary


文部科学省から「スーパーグローバル大学創生支援事業」についての説明があり、上記事業の採択校からその取り組みの説明がなされた。
(採択タイプA-慶應義塾大学、採択タイプB-関西学院大学)

In 2014, Japan developed a new higher education initiative in an effort to globalize institutions and increase competitiveness in research.
Representatives from Japan’s Ministry of Education and two selected universities will discuss the goals of this initiative.


Presentation Materilas  (Reference Only)


【注意】
本資料は閲覧のみです。著作権は各発表者にあります。無断転載・転用はご遠慮ください。








チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。