NAFSA2016 デンバー大会

報告: NAFSA2016「JAFSA特別セッション」について(6/1、於: 米国デンバー)

「JAFSA特別セッション(JAFSA Special Session)」とは、2011年よりNAFSA事務局からJAFSAに対して特別枠をオファーされ、毎年継続しているセッションです。 通常、セッションはNAFSAの審査を通り採用されないと実施されませんが、このJAFSA特別枠については、審査無しとなっており、発表内容の企画・発表者の選定はすべてJAFSAに任されています。 2011年の東日本大震災を受け、震災関連の発表を依頼されたのが始まりですが、以降は日本の高等教育に関する発表の場となっています。 2014年からは文部科学省にも発表を依頼しており、各大学の個別事例とともに日本の実情や今後の目標などをプレゼンテーションする良い機会となっています。

2016年デンバー大会での「JAFSA特別セッション」は下記の内容です。
当日は100名を超える聴衆が集まり、大盛況でした。質疑応答も活発に行われ、終了後も各発表者に個別に話をしたい方が列をなしていました。日本の高等教育における国際化の潮流について、参加者の関心が高い様子が伺えました。
JAFSA delivered this session at NAFSA2016 Annual Conference in Denver, as the representative of “STUDY in JAPAN”.
More than 100 audience gathered and showed their high concern to the trends in international higher education of Japan !


********************************************************************
   ~JAFSA Special Session at NAFSA2016~
“Trends in International Higher Education and the Role of Japan”
Jun-1st-Wed, 13:15-14:15,
Colorado Convention Center, Room: CCC, 403
Audience : 110 people
********************************************************************


左より、杉村氏、黒田氏、鈴木氏

100名を超える参加者が熱心に耳を傾けた


Chair & Presenters


《Chair, Presenter》
杉村美紀氏 ,  Miki Sugimura, Ph.D.
 上智大学 学術交流担当副学長、 教授
 Professor , Faculty of Human Sciences,
 Vice President for Academic Affairs, Sophia University, Tokyo, Japan


《Presenters》
鈴木規子氏 ,  Noriko Suzuki
 文部科学省 高等教育局高等教育企画課国際企画室 室長補佐
 Deputy Director, Higher Education Policy Planning Division, Higher Education Bureau,
 Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology(MEXT) -Japan

黒田一雄氏 , Kazuo Kuroda, Ph.D.
 早稲田大学 国際部長、 大学院アジア太平洋研究科 教授
 Professor, Graduate School of Asia-Pacific Studies,
 Dean of International Affairs, Waseda University, Tokyo, Japan


活発な質疑応答の様子

終了後の発表者との交流の様子


Session Summary


1. To know features and trends of Japanese higher education policy
2. To discuss functions and aims of international higher education
3. To consider Japan’s role in international higher education


Internationalization of Japanese higher education has been accelerated along with other nations.
It brought mobility of students, staffs, and various programs including cross border/transitional programs with institutions’ development abroad.
In this process, Japan and its people further demand the development of higher education’s internationalization.
This JAFSA session will examine two trends of higher education of competition and cooperation of Japan by focusing on the significance of internationalization of higher education as making an academic platform to solve various issues through people’s exchange and connectivity beyond community borders.


Presentation Materilas (Reference Only)


【注意】本資料の著作権は各発表者にあります。無断転載・転用はご遠慮ください。




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。