NAFSA2017 ロサンゼルス大会

★締切ました★【会員限定】NAFSA2017 -JAFSA奨励セッション募集について

   ※NAFSA2017年次大会における「JAFSA奨励セッション」は、
   応募がなかったため実施はございません。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


NAFSAは、アメリカを拠点とし、国際教育交流を推進する目的で1948年に設立された非営利団体です。NAFSA年次大会は、毎年5月下旬から6月初旬に北米にて開催されますが、世界各国・地域の高等教育機関によるブース出展、セッション発表、ネットワーキングイベントなどが行われ、国際教育交流大会としては世界最大規模を誇ります。
2016年は5月に米国・デンバーにて開催。世界100か国以上から集まった9,500人以上の国際教育交流担当者の参加がありました。2017年は「5月28日-6月2日」に アメリカ・ロサンゼルス市(カルフォルニア州)」にて開催されます
JAFSAはNAFSA年次大会において、2008年より会員大学を取りまとめて「Study in Japan ブース(日本合同ブース)」として出展し、その規模を年々拡大しています。またブース出展のみならず、「JAFSA奨励セッション」を設け、会員が国際大会で海外に向けて日本の高等教育について発信する機会を支援しています。


◎(参考リンク) NAFSA年次大会における"STUDY in JAPAN"(日本合同ブース)の変遷
◎(参考リンク) NAFSA2017「Study in Japanブース」のご紹介
◎(参考リンク) 報告:NAFSA2015 JAFSA奨励セッション

NAFSA2016 ブース展示会場

NAFSA2016 STUDY in JAPAN (日本合同ブース)


NAFSA2017 ロサンゼルス大会 JAFSA奨励セッション対象者・応募要領


JAFSAでは、NAFSA年次大会における『セッション発表に既に採用されている会員の方』の中から、下記要項に適合し、JAFSA理事の審査を通った方に対して「参加奨励金」を支給致します。
<日本側発表者1名につき5万円(2名まで)、現地側発表者1名につき2万円を支給(1名まで)>


1. 対象となる発表内容基準:


・日本の国際教育交流の現状を踏まえ、海外に向けて有益な情報を発信できるもの 
・日本を代表して発表するに値する内容・テーマ
(※日本の国際教育交流に関連しないものは、対象にはなりません。)


2. 発表者に期待される役割:


(1)日本の国際交流団体としてのJAFSAを広報する。
(2)日本の代表者として質の高い発表を行う。
(3)日本の国際教育交流の現状を発信し、参加者との間の興味と友好関係を深める。


3. 発表代表者(応募者)の申込資格:


(1) NAFSAの審査を通過した者
(2) 団体会員である機関に所属し、国際交流の分野を直接の職務対象とするか
団体における推薦がある者、 もしくは継続して3年以上会員歴がある個人会員(正・賛助を問わず)
(3) 2015年度、2016年度の海外フェア(NAFSA、APAIE、EAIE)のセッションに関し、JAFSAから助成金を支給されていない者
(4) 応募者は原則セッションのチェアであること


4. 応募方法:


以下の提出書類をJAFSA事務局(E-mail: info@jafsa.org)へメールで提出。
(1) NAFSAより届いた審査通過の通知(Eメール)
(2) NAFSAに提出したセッションタイトル、Session Proposal Form
(3) 応募理由書(A4 1枚以内、様式任意)
    a. 奨励金応募の理由、
    b. 海外における英語での発表歴、
    c. 発表代表者のJAFSAでの活動歴、
    d. JAFSAの活動に今後寄与できること、を含むこと
(4) セッション参加者全員の英文略歴書(様式任意)


5. 提出期限:


申し込みを締め切りました。 2017年1月26日(木)


6. 助成内容:


奨励金として日本側発表者1名につき5万円(2名まで)
現地側発表者1名につき2万円を支給(1名まで)
※JAFSA事務局より振り込み後、領収書を提出いただきます。


7. 選考方法:


JAFSA理事会で審査を行い決定。


8. 発表及びその後の手続:


(1) 結果発表は2017年2月中旬を予定
(2) 事務局から直接応募者宛てにE-mailにて結果を通知します。
(3) 発表時には「JAFSA奨励セッション」であることを言及ください。
(4) 発表者は帰国後、速やかに報告書を提出してください。報告書はJAFSAのウェブサイトに掲載します。




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。