NAFSA2017 ロサンゼルス大会

NAFSA2017年次大会(米国・ロサンゼルス)の“STUDY in JAPAN”(日本合同ブース) 出展申込みについて

会場内の次回NAFSA2017LA大会広報サイン (NAFSA2016)


NAFSAについて


「STUDY in JAPAN」はNAFSA上位メンバー「Global Adviser」です


NAFSA2017年次大会(ロサンゼルス) 「日本合同ブース」出展申込み


NAFSA2017年次大会は、米国ロサンゼルス市にて、2017年5月28日(日)~6月2日(金)に開催されます。
“STUDY in JAPAN”(日本合同ブース)の出展申込受付中です。


JAFSA、JASSO、SGU(文科省事業)の3機関で 「STUDY in JAPAN」 を運営しています

2017年大会から、取りまとめ機関の役割を再整理し、
「JASSOはInformationブース(2区画)にて日本留学全般の広報促進、情報提供」を行ない、「JAFSAは大学、教育機関の出展取りまとめ」を行なう、となりました。
文科省はGGJから「SGU」事業(*)にて引き続きご協力・ご支援いただきます。(*スーパーグローバル大学創成支援、NAFSAに関する事務局 早稲田大学)

日本国内の大学・教育関連機関の出展申込の窓口は「JAFSAのみ」となります。
これまでJASSOで申込をされていた大学の皆様も、今大会よりJAFSAへお申込みください。


*************************************************************************
1.「募集要項」2.「申込みに関する注意事項」をご確認の上で、3.「出展申込フォーム」に必要事項を入力して送信してください。
受領後、JAFSA事務局より追って「申込金の請求書」をお送りします。ご入金をもって正式なお申込みと致します。


募集期間:2016年10月3日(月)~満席次第締め切り
※満席になり次第、締切となりますので、お早めにお申込みください。



3.「NAFSA2017年ロサンゼルス大会 ブース出展申込フォーム」


会場風景 (NAFSA2016)


NAFSA2017 Study in Japanブース申込み状況  (2016年11月10日時点)


◆残席数
【フルブース(エンドAプレミア)】
完売しました
【フルブース(エンドB)】
完売しました
【フル/シェアブース(通路)】
残り3区画!!

◆申込み団体 <機関別、五十音順、敬称略>

フルブース
 大 学 
愛知淑徳大学、亜細亜大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、国際教養大学、
上智大学、創価大学、中央大学、筑波大学、同志社大学、東北大学、東洋大学
長崎大学、南山大学、名古屋外国語大学、名古屋大学、日本大学、武蔵大学
立教大学、立命館アジア太平洋大学、立命館大学、早稲田大学、明治大学
フルブース
教育関連団体 
公益財団法人 日本英語検定協会、
一般財団法人 日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)、
アジア太平洋大学交流機構 (UMAP)
シェアブース
 大 学 
青山学院大学、桜美林大学、大阪学院大学、大阪教育大学、大阪国際大学、
大阪大学、岡山大学、小樽商科大学、神奈川大学、金沢大学、関西大学、
関西学院大学、近畿大学、群馬大学、国際基督教大学、首都大学東京、
西南学院大学、大東文化大学、東海大学、東京大学、東京外国語大学、獨協大学、
文京学院大学、法政大学、北海道大学、明治学院大学
シェアブース
 賛助会員
(株)早稲田大学アカデミックソリューション

NAFSA2017 プログラム広告 P.1

NAFSA2017 プログラム広告 P.2



NAFSA2017年次大会での「日本合同ブース」の規模と位置


NAFSA2017年次大会で、「日本合同ブース」は会場の中心近くの好立地で展開します。


NAFSA2017 フロアプラン抜粋


2017年ロサンゼルス大会での“STUDY in JAPAN”ブースは、主催団体である「NAFSA」が位置する「メインパビリオン」(会場の中心地)に大変近い位置で展開します。会場内で目立ち、多くの方が通る場所のため、日本ブースへの来場者が増えることが期待されます。
また全部で「46区画」で、会場内最大級の規模となります。(2016年デンバー大会では50区画)


※2017年デンバー大会の「展示会場全体図」は、NAFSA HPの「Exhibitor Floor Plan」をご覧ください。


NAFSA Pavilion (NAFSA2016)

Exibition Hall (NAFSA2016)


STUDY in JAPANブース(NAFSA2016)

STUDY in JAPANブース(NAFSA2016)


NAFSA2016年次大会(デンバー) 日本合同ブース出展団体のご感想


NAFSA2016大会 出展団体の事後アンケートより感想をご紹介します。


<参加団体の感想:初めて参加した団体より>
●初めての参加だったが、50を越える海外提携校の方々と交流の機会が持てたことに感謝している。
●今回が初めての参加だが、世界の高等教育業界をダイナミックに感じながら、交流大学等と対面での討議が行なえた。

<参加団体の感想:2回目以上の参加団体より>
●今年も生産性高く、かつ例年より国内の関係の方々とのコミュニケーションも取れた。
●世界各地の協定校担当者と意見交換ができ、今回も有意義なフェアとなった。
●4度目の出展ということもあり、NAFSAの雰囲気にのまれることなく、目的が達成でき、収穫は多かった。
●日本ブースが会場の前方でとても目立つ位置に配置されてたことは、日本また各出展校をアピールする上で大きなメリットだった。
●今回、日本に協定校がほしいということで立ち寄った人が多かったように感じた。日本の大学がまとまった場所にブースを構え、参加大学も過去最高ということでかなりの存在感があり、そうした希望のある機関を引き付けていたと思う。

(※アンケートはあくまで個人の感想であり、出展の実績を確約するものではありません)


STUDY in JAPANブース(NAFSA2016)

STUDY in JAPANブース(NAFSA2016)

NAFSA2017 ロサンゼルス大会で皆様と
ご一緒できることを楽しみにしています!


2016デンバー大会会場でのLA大会広報サイン

2016デンバー大会会場でのLA大会広報ブース




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。