NAFSA2017 ロサンゼルス大会

報告:NAFSA2017 年次大会参加報告(近畿大学)

**********************************************************
NAFSA2017の「STUDY in JAPANブース(日本合同ブース)」に出展した団体より、
近畿大学様に、事前の準備や大会中の活動について、
報告書を執筆していただきました。出展の参考事例としてご覧ください。
**********************************************************


◆STUDY in JAPANブース出展参加報告(近畿大学)◆

開催期間:2017年5月28日(日)~6月2日(金)(ブース展示期間は5月30日~6月2日)
場所: 米国ロサンゼルス、Los Angeles Convention Center


近畿大学としてNAFSAに参加するのは、今年で5年目である。近畿大学はキャンパス、およびカリキュラムのグローバル化という点においては、大きく出遅れていた大学である。
実際、2013年4月には協定校は35大学、交換・派遣留学先はわずか5大学であった。それが2017年6月現在、協定校が195大学、交換・派遣留学先が110大学まで拡大できたのも、NAFSAをはじめとする国際学会への参加に負うところが大きい。


Opening Celebration (オープニングの大イベント)

本年度のNAFSAはロサンゼルスのコンベンションセンターで開催され、100か国、9,700人超の参加があった。しかし、会場が広かったこともあり、それほど混んでいるという印象は受けなかった。
3年連続であざやかな桜に飾られたJAPANブースは、一段と存在感を増している気がした。
また、会場近くのStaples Centerで開催された「Opening Celebration」では、非常に大きなエネルギー、そして、国際交流にかける世界中の教育者の熱意を体感した。


近畿大学のブース

今年は本学からは、例年通り国際交流センター長とインターナショナルセンター職員の2名が「シェアブース(2大学でブースをシェアする形)」で参加した。また、我々2名とは別行動で、国際学部関係の職員3名が留学先大学との面談を実施するという、計5名での参加であった。
フルでブースを構える方が、自由度が高まるが、コストや参加人員を考えた場合、2-3名の参加ならシェアブース、5名以上の参加ならフルブースをお勧めする。
というのも、ブースを使用する間は、複数の人間がブースにいて来訪者の対応をすることを考えると、2-3名の参加では、常にブースにいなくてはならず、自由に会場内を動き、交流協定を協議したいと考える大学のブースを訪れる時間も持てない。

NAFSAへの参加に際して、様々な準備が必要である。
まず、「ブースで展示する資料」であるが、どのような資料を何部ぐらい送付するかを慎重に決める必要がある。近年、USB等での受け渡しが増えてきており、かさばる印刷物は好まれない傾向にある。通行人の目を引きそうなグッズ(大学名の入ったペン、付箋など)も、あるに越したことはない。


ホテルのエントランスに掲示されたレジストレーション時間

それ以上に大事なことは、事前に「参加者のリスト」がWebやアプリで手に入るので、新規協定締結や、協定校とのフォローアップなど、戦略的にどの地域のどの大学と面談を実施するかを協議の上、アポを取っておくことが肝要である。
本学では、参加者がそれぞれにアポを取るが、Dropboxで、アポのファイルを共有することにより、効率的なアポ取りを実践している。
基本的に、カンファレンス中は参加者2名が一緒に動き、1名が話し、もう1名がメモを取る形で進めていく。ただし、ブースに同時に2大学が来られた場合には、個別に対応する。
カンファレンスの間、毎晩のように「レセプション」に招待されるが、レセプションというのも、新たな大学関係者とインフォーマルな出会いがあり、侮れない機会である。
夜遅くホテルに帰り着いた後も、寝る前に頑張って、スマホのアプリで当日面談した大学担当者の名刺をスキャンし、帰国後すぐ他のスタッフと手分けしてフォローアップできる準備を進める。


近畿大学と最も古くからの交換大学である香港Baptist 大学の代表、Peter Liと

過去わずか5年ほどではあるが、本当に手探りでNAFSA, EAIE, APAIEほぼすべてに参加し、協定大学も順調に増えてきた。
しかし、キャンパスグローバル化のキーは、やはり、カリキュラムのグローバル化にかかっていると言っても過言ではない。今どき、日本語と日本文化だけを学びにやってくる学生はほとんどいないし、日本語で授業が受けられる言語運用能力がある学生も非常にまれである。
5年前の参加当初は、本学での英語開講科目が少なく、ほとんど丸腰で戦場に向かうようなものであった。その当時、交換・派遣の協定を締結してくれた海外の大学には本当に頭が下がる思いである。
その後、経営学部にビジネス英語副専攻のコース開設と共に、英語開講科目が10科目程度増え、昨年からは国際学部開設により英語開講科目が一挙に100科目近くなり、交換留学に向けての話が進めやすくなってきた。

JAPANブースは大きな目標を持ったまとまりのある組織であり、さらなる広がりを見せる傾向にある。
今年は、日本からの参加大学が初日と最終日に集まる機会があり、さらなる交流が持てたと感じた。わずかばかりの空き時間には、JAPANブースの他大学との活発な交流を持つこともでき、日本の国際化においてずっと先を進んでいる多くの他大学の実践例を拝聴したり、カリキュラム作りについてのヒントをもらったりと、非常に得るところの大きいNAFSA参加であった。
本学も、さらなるグローバル化に向けて、今年4月からインターナショナルセンター、国際交流センターも一新され、より大きな目標に向かって、飛躍したいと考える次第である。


報告者:大村 吉弘(近畿大学 国際交流センター長)




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。