NAFSA2017 ロサンゼルス大会

報告:NAFSA2017 年次大会SD実施報告(東海大学)

**********************************************************
NAFSA2017の「STUDY in JAPANブース(日本合同ブース)」に出展した団体より、
東海大学様に、大会中の「Staff Development (職員教育)」について
報告書を執筆していただきました。
NAFSAのような海外フェアを、Staff Development の場として利用されている大学様も
近年少なくありません。ぜひ参考事例としてご覧ください。
**********************************************************


◆NAFSA2017年次大会における Staff Development 実施報告(東海大学)◆

開催期間:2017年5月28日(日)~6月2日(金)(ブース展示期間は5月30日~6月2日)
場所: 米国ロサンゼルス、Los Angeles Convention Center


背景


本学国際教育センター教職員と本学ブースの前で

NAFSAへの参加というと、ブースを出展し世界中の大学とのネットワーキングの場として活用するというのが一般的であるが、その場合、参加するスタッフは、国際系の部署や国際交流の活発な学部などの特定の部門の人間に限られ、世界の高等教育界の動向を全学、特に事務部門に認識してもらうということは難しい
また、世界のグローバル化に対する迅速な対応が求められている中で、大学の事務部門も「海外や外国語、外国人が関係する業務は国際系の部署が行なえばよい」という状況ではなくなってきており、事務部門においても全学的なグローバル対応が求められている。
そこで、東海大学では2012年度よりStaff Development(SD)のプログラムの一環として、本学の海外教育機関の一つである「ハワイ東海インターナショナルカレッジ/ Hawaii Tokai International College (HTIC)」を活用した職員の海外研修を開始し、更に2016年度からは、国際系以外の部署の職員をNAFSAに派遣する取り組みを開始した。


NAFSAに国際系以外の部署の職員を参加させる目的


・世界の高等教育界の動向の体感
・当該参加者の所属部署全体の意識改革への貢献
・国内外の大学の海外向け広報活動の調査
・異文化適応力の涵養
・英語によるコミュニケーション力のアップ
などが挙げられる。


派遣職員数


2016年度は、学生課より1名の職員を派遣し、ネットワーキングレセプションや協定校とのミーティング、ブースの訪問や本学ブースでの来訪者対応などを行なった。
今年度は、学内からの理解も得られ、メインキャンパスである湘南キャンパスと北海道・札幌キャンパスから計2名の職員(企画広報課、札幌教学課)を派遣した。
(なお今年度は、ブース担当とSDで派遣されるスタッフを別々に派遣することができ、ブースについては本学国際教育センターの教職員が別途派遣され、対応を行なった。)


派遣する職員の選抜方法、渡航準備


派遣する職員の選抜については、職員教育が大学の人事にも繋がることから、その統括をする事務部長へ依頼をし、全キャンパスの状況や各職員の適性、将来性などを判断してもらい推薦をしてもらった。
参加登録、渡航手続きなどは我々の部署で行なったが、渡航前にはブリーフィングを実施し、一般的な渡航前の留意事項の説明に加え、NAFSAの概要や過去のNAFSA参加時の状況などを、写真や報告書等を使って説明を行なっている。また今年度は、初の試みとして、各国の大学から聞き取りたい内容をアンケート形式にまとめるという事前課題を課し、渡航までに英語によるアンケートを作成してもらった。


現地での活動内容


ロシアの大学の先生にアンケートをお願いしている様子

現地では、ネットワーキングレセプションで名刺交換の課題を与え、海外参加者とのコミュニケーションをはかることから始めることとした。また、事前課題としていたアンケートについては、作成したアンケートを手に個々にブースを訪問し、回答を集めてもらった。
もちろん、ブース対応のサポートも経験してもらったほか、個々の興味や各人の業務に関連するような内容を中心に、いくつかのセッションへの参加やポスターセッションの視察なども行った。
さらに、Partner Dayなどを実施する協定校のイベントに参加するなど、現地の大学訪問なども行なうことで、本学との相違点や参考にすべき点などを考えてもらった。


参加した職員の感想


NAFSAに参加した職員からは、
「日本の中の一大学の一部署で働いているのではなく、自分は世界の高等教育界の舞台に立っているという意識が持てた。今後は色々な観点から大学のグローバル推進やイノベーションに貢献しなければいけないと痛感した」
「国内外の他大学と、本学の教育プログラムの違いがわかった。この経験を基に、今後部署内で色々と提案をしていきたい」
「世界中の大学が、本当に多種多様なプログラムを提供していることがわかった。本学ももっとプログラムを開発していく必要があると感じた」
「非英語圏の国の大学の英語による資料の充実ぶりに圧倒された。これからは英語による発信力をどう高めるかを業務の中で考えていきたい」
「英語については、もっと発話力を上げなければと思った」
「アンケートの回答をお願いする際に、海外参加者に直接依頼・交渉したことは自信になった。学内で留学生の対応をする際にも応用できそうだ」
などの報告があがってきている。


職員と海外機関担当者との歓談の様子

職員と海外機関担当者との歓談の様子


帰国後の評価、成果の活用


研修終了後の事後評価については、事務部長、人事担当、各所属長、国際系部署スタッフ等を集め、10分から15分程度のプレゼンテーション(日本語)を行い、講評を行なう形式を取っている。
また、NAFSAのみならず、様々な研修参加者に対し、海外からの来訪者が学内見学をする際、各部署訪問時の対応をお願いすることや、学内で提供しているインターネット英会話講習(申込制・定員有)の積極的な受講、学内で実施している英語によるミニレクチャーへの参加などを促し、単発の海外出張で終わらないような工夫をしている。また、これらを継続することで、事務部門全体のグローバル対応力を上げたいと考えている。


今後の課題、取り組み等


NAFSAをSDの場として活用するという取り組みはまだ始めたばかりのため、事前課題の内容や現地での活動内容、事後評価基準、成果の活用等々、次年度に向けて更なる検討が必要ではあるが、他のSDも含め、本取り組みは継続していく予定である。
更に、英語中上級者にはポスターセッションへの応募を推奨していく予定であり、また、その次のステップとして、教員とチームを作り、ワークショップやセッションへ応募する取り組みも進めていきたいと考えている。


報告者:田中 久美子(東海大学グローバル推進本部 グローバル推進室 室長補佐)




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。