NAFSA2018 フィラデルフィア大会

報告:NAFSA2018 年次大会参加報告(岡山大学)

**********************************************************
NAFSA2018の「STUDY in JAPANブース(日本合同ブース)」に出展した団体より、
岡山大学様に、事前の準備や大会中の活動について、
報告書を執筆していただきました。出展の参考事例としてご覧ください。
**********************************************************


※青山学院大学の報告書はこちらです。

※筑波大学の報告書はこちらです。


◆STUDY in JAPANブース出展参加報告(岡山大学)◆

開催期間:2018年5月27日(日)~6月1日(金)(ブース展示期間は5月29日~6月1日)
場所: 米国フィラデルフィア、Pennsylvania Convention Center


NAFSA年次大会 概要


NAFSA(Association of International Educators)は戦後まもない1948年に「国際的な教育交流の推進」を目的として米国を拠点に設立された非営利団体、北米の都市で開催されるその年次大会は例年総参加者数1万人を数える世界最大の国際高等教育学会として機能している。二つの世界大戦を経た20世紀の後半を、教育における相互交流と異文化理解の促進を基本的な理念として活動を続け、半世紀を経て世界がオンラインで繋がれる今、進化するグローバル社会における新たな国際交流の姿を相互に学びあう場となっている。これらの活動や理念の基本は「英語」による国際高等教育であるということを改めて念頭に入れておく必要がある。


コンベンションセンター入口

年次大会は、学会としての「コンベンション」と、教育関係機関の広報の場としての「エキスポ」に大別され、同時進行で双方の活動が開催される。
「コンベンション」では、高等教育における国際交流の動向、各国や国際間の関連政策、留学生教育や支援の課題に関わる研究発表、ワークショップやセミナーが開催され、
「エキスポ」では、各国別あるいは機関毎のブースが出展され、教育交流協定締結や連携を主な目的とする世界中の大学間のネットワーキングや情報交換、交渉の場として、あるいは協定大学や教育関連機関とのフェイス・トゥ・フェイスの情報交換や協議の場として機能する。

岡山大学のNAFSAへの参加は2011年カナダ・バンクーバー大会に始まった。以来、2013年を除く毎年参加し、本年フィラデルフィア大会は6度目の参加となった。
本学の参加は「エキスポ」において、JAFSA(国際教育交流協議会)が取りまとめる日本合同ユニット「Study in Japan」でのブース出展を主として活動するもので、フィラデルフィアには学生交換(派遣・受入)の主担当である教員2名と専門職員1名の計3名で臨んだ。

フィラデルフィア大会での本学活動を振り返って 


NAFSAエキスポでの本学の例年の活動は、第一に協定校あるいは連携校との情報交換やアップデートのミーティング、第二に新規協定校や短期研修プログラムの開拓、第三に(国内)他大学との情報交換等に集約される。


協定校のブースにて

特に第一とする協定校との面談は、日頃必要事項についてメールやHPといったオンラインのコミュニケーションで過不足なく行われることは無論であるが、だからこそ、一年に一度顔を合わせて話し合い確認し合う機会を持てることに意味がある。
面談では、メールの問答では確認しづらい機微ある事項について話し合うこともできるし、会うことによって互いを知り、日頃のオンラインでのコミュニケーションを円滑にすることにも有効である。
第二に、全世界から主たる教育機関が一堂に会するNAFSAは、新規協定校やプログラムとのファーストコンタクトを作る良い機会である。そのためにいくつかのコンタクトを事前に準備し面談を行う場合と、ネットワーク・ミーティングやブース訪問など現場での機会を活用して新しく接触する場合とがある。
第三にあげた国内他大学とのコミュニケーションについては、実のところ例年は近隣にブースを出しているにも関わらず会期中は互いに忙殺されることもあり思うような情報共有する機会があまりなかったが、本年はJAFSAに初日にネットワーク・ミーティングへの機会をいただき、会場の雰囲気や広さも近しいものであったことから、様々な大学の担当者方と情報交換できた。
特に、危機管理やリスク管理の各大学の体制や事前教育、また効率のよい派遣プログラムの事務処理方法や様々な問題点を共有できたことは有意義であり、大変参考になった。


本学ブースにて

本学ブースにて

「既に交流のある協定校とのアップデート」と「新規協定校の開拓」をどのようなバランスで3日間半活動するかは、工夫とストラテジーの必要な部分であろう。
本学は、例年シェア・ブースを利用するため、ブース対応は一日のうち半分ということになるが、協定校・新規いずれの面談対応も3人が分担しつつフルに活動してようやく熟している。少しの余裕があれば、新規の検討や情報収集にも有効な時間を使うこともできるのではないかと反省するところがある。
いずれにしても、NAFSAに向かう前の準備とNAFSAでのミーティングを受けた後のフォローアップが非常に重要で、現場での面談や出会いは確かにチャンスではあるものの、前・後がなければ実質機能しない。そのためのストラテジーや業務はNAFSAで活動する教職員だけでなく国際交流の現場組織が共有しなくてはならないし、またそのための仕組み作りも必要であることを痛感する。

「Study in Japan」ユニットと大学ブース


Study in JAPAN ユニット

「Japanユニットの桜並木がすばらしい!」という感想は、例年のように各国の参加者から耳にした。サクラとフジヤマが目を引くブースが行儀よく並んでいる日本のセクションは「日本らしさ」がよく創出されていると言えるだろう。
本学ブースの課題としては、紙媒体あるいは他媒体による広報資料の工夫があげられる。魅力的かつ分かりやすい広報資料を作成されているいくつかの大学が印象に残った。中間日には、Japanユニットでのレセプションが行われたが、本学としてはこの機会をそれほど有効に活用することはできなかった。ご招待、面談をする場としても、あるいは無作為の出会いや交流の場としてもやや中途半端な雰囲気になり、この機会をどのように活用するかは次回の課題としておきたい。フィラデルフィア大会の会場が例年に比べて小規模だったとは思えないが、全体的なアクセスがしやすく(横長ではなく、まとまっていたのかもしれない)、Japanユニットのロケーションも大変良かった。このことは活動する中ではとても重要で、大学間の面談や情報収集に奔走する際に役立った


フィラデルフィア大会総括


本学ブースにて

フィラデルフィア大会を総括して振り返る。フィラデルフィアの街はコンパクトであったように思う。コンベンションセンターを中心としたアクセスや街の落ち着いた雰囲気は、数日間奔走するNAFSAの会場として好印象であった。
これまで本学では、NAFSAを協定校との連携を確認する場として活用するため、協定校との面談に多くの時間を割いてきた。拡大する協定大学数を受けて、これに聊か忙殺された前大会の反省から、フィラデルフィアでは面談アポ数もバランスを考慮した。しかし、それでも新規協定やプログラムの開拓に十分な作業や活動ができたかというと反省点は多い。
それには前述の通り、NAFSAに向かう前の戦略的準備が鍵となると考えている。また、残念ながら本年まで「コンベンション」への参加によるネットワーキングや学習会でのプレゼンスの発揮にも十分に至っていない。
いずれにしても、時代の変化に応じたグローバル教育の開発やネットワーキングの在り方をより長期的視野で捉え、NAFSAという好機を十分に活用できるだけの助走を、70期フィラデルフィア大会を振り返りつつ、次大会に向けて始めていきたいと考えている。


報告者:大林 准教授・稲森 准教授・中野 主任専門職員 / 岡山大学 グローバル・パートナーズ




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。