実施報告

報告:平成27年度JAFSA中国SIG自主学習会(2015年12月5日、大阪)

平成27年度JAFSA中国SIG自主学習会


実施概要、報告


日 時: 2015年12月5日(土)13:00-17:20
会 場: 大阪国際大学守口キャンパス1号館B102教室
参加者: 11名 
内容、報告:
- 外国人留学生の受入れとアルバイトに関する近年の傾向」を中心に(丸山 茂樹)
日本語学校からの視点で、留学生受入れのトレンドが中国からベトナムとネパールに推移、アルバイトや学生ケアも劇的に変化してきたことが解説され、意見を交わした。

-「愛知大学による中国・台湾関係の最近の取組」(大島 秀文)
文科省スーパーグローバル大学等事業「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」≪特色型≫採択の愛知大学現代中国学部、及び愛知大学が実施している講演会などを中心に近況報告があった。

- 「米国と中国の大国関係における留学交流について」(白土 悟)
JASSO留学交流2015年10月号掲載の同論文について解説。これまでの世界の教育交流のトレンド(主にアメリカを中心としたもの)、中国の国際社会での地位向上に伴った近年の中国を取り巻く留学交流のトレンドの確立、ここに日本の留学生政策はどのような世界観・価値観をもって取り組むのか等について発表があり、意見を交わした。

- 「職員生活を振り返って」自分のキャリアと中国との関わりについて(澤谷 敏行)
関西学院大学でのキャリアを通して学んだ日本の大学組織論、アドミニストレーター論は、職員交流として中国協定大学へ派遣された自らの体験が出発点となっている事などについて発表され、意見を交わした。

- 「台湾の大学のトレンドについて」(松尾 隆)
台湾の大学の入学試験における英語能力、卒業後のキャリアに関するトレンドについて台湾の教育雑誌の記事を中心に報告があった。

報告者:谷口 勝浩(大阪国際大学/JAFSA中国SIG代表)



※本研究会に関心のある方はこちらをご覧ください。




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。