SIG研究大会・イベント

【実施済】【JAFSA会員限定】JAFSA多文化間メンタルへス研究会(2015年3月21日、京都)


 【JAFSA会員限定】JAFSA多文化間メンタルへス研究会
「精神医療における医療通訳」


このたび、以前より要望のあった多文化間メンタルヘルスの喫緊課題である、多文化的な視点からみた「精神医療における医療通訳」について、取り上げることになりました。

2020年の東京五輪・パラリンピック開催を控え、訪日外国人の増加が予想される中、日本語のできない外国人が、医療機関で安心して治療を受けるために不可欠な「医療通訳」の充実を図る動きが進んでいます。言語だけでなく、文化・習慣の違いを超えて外国人が安心して医療を受けられる「医療通訳」は重要な意味を持つと思われます。

その一方で、大学においても、外国人留学生対象の、医療に関する文化的・言語的援助として、急病・外来診察・入院の際の通訳や付き添いが必要な場合等、とりわけ精神障害においては対応に苦慮しているのが現状です。

そこで、今回は多文化間精神医学会理事である、精神科医の阿部裕氏をお迎えして、「精神医療における医療通訳」について講演をしていただきます。

また、皆様から外国人留学生等に関する医療通訳の対応(困難)事例をご提供いただき、体験を共有し、専門家によるコメントを受けることで、今後の対策・連携について考える機会になれば幸いです。

多くの方のご参加をお待ちしております。

※多文化間メンタルヘルスSIGについては、こちらをご覧ください。


1. 日時


2015年3月21日(土)14:00~16:00


2. 場所


京都大学国際交流センター国際交流多目的ホール
所在地:〒606-8501 京都市左京区吉田本町
【アクセスマップ】http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm


3. 対象


JAFSA会員 (団体正会員、個人会員、賛助会員) ※非会員の方は参加いただけません。


4. 定員


30名(定員になり次第締め切ります)


5. 参加費


無料


6. 参加申込方法


参加希望者は、下記大橋氏にメールをお送りください。 
大橋敏子(京都大学)
JAFSA 多文化間メンタルヘルス研究会SIG 事務局


7. 参加申込締切


2015年3月14日(土)


8.講師プロフィール


阿部 裕(あべ ゆう)博士(医学)
精神保健指定医、明治学院大学 心理学部 教授、四谷ゆいクリニック院長
略  歴:
スペイン政府給費留学生として、マドリード大学精神科で臨床研究
順天堂大学スポーツ健康学部の教授を経て、現職
多文化間精神医学会理事、外来精神医療学会理事、スポーツ精神医学会理事
専門領域:
多文化間精神医学、社会精神医学、精神病理および精神療法、スポーツ精神医学
主  著: 
『ドン・キホーテの夢』、『改定 世界精神保健医療』など多数
論 文:
「精神医療におけるコミュニティ通訳の必要性」、「グローバリゼーションと在日外国人のこころの問題」など多数


9. お問合せ先


大橋敏子氏(京都大学)へ直接お願いいたします。




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。