JAFSA関連書籍

『大学教職員と学生のための中国留学・教育用語の手引き』(中国SIG・他編集、関西学院大学出版会)

このたびJAFSA中国SIG(※下記注参照)では、中国との学術交流や教育交流の実務に携わる教職員、また留学しようとする方々に必要な中国語の留学・教育用語を『大学教職員と学生のための中国留学・教育用語の手引き』としてまとめました。

日中教育比較に関わる学術的な専門書は沢山出版されていますが、「留学交流」の業務に関わる実務語を解説した本はこれまで皆無でした。これに加えて、近年、中国社会の急激な変化を反映した“新語”も次々と出てきており、それらを理解することが日中留学交流の上で必要不可欠となっています。

本書は、現在行われている中国との学術交流や教育交流の現場の視点から「留学・教育用語」を厳選し、解説しました。また「知っておくと便利な単語」も併せて掲載してあります。本書は、1980年代から2000年代に中国留学を経験した中国SIGの大学教職員が中心になって、中国SIG以外の専門家、ネイティブ教員の協力を得て編集したものです。

『大学教職員と学生のための中国留学・教育用語の手引き』
(関西学院大学出版会)



執筆者: 河野理恵、澤谷敏行(編者)、田村悠、中田和貴、原口昭一、房雪霏、松尾隆、林洪
本文: 130ページ
サイズ: 四六判
予定販売価格: 1,890円
★2010年6月中旬発刊、書店にて好評発売中!★
第1部の「留学・教育用語の解説」では、紹介する用語(ピンイン付き)とその日本語(中国語の漢字をそのまま日本語の漢字に置き換えたもの)とそのふり仮名、用語の意味、背景や現状を解説するほか、用語を使った中国語例文(ピンイン、和訳付き)も加えてあります。また用語の解説を補うため、一部写真、コラム、関係資料も載せています。中国語学習経験者のみならず、中国語を勉強したことがない人でも、用語の日本語解説を読むだけで中国の大学事情、学生生活、社会背景などをある程度理解していただけるようになっています。

第2部の「知っておくと便利な単語帳」では、学習、試験、留学生活、PC・文具、留学手続きなど「中国留学」でよく使われる中国語単語をリストアップし訳しました。用語の解説同様に日本語の漢字とそのふり仮名も加えています。特に、中国との留学業務を初めて担当される教職員の方には、知っておいていただくと便利な単語ばかりです。

そのほか、本書には、中国語索引と日本語索引をつけました。中国語をある程度理解できる方はピンイン索引で、中国語がわからない方はひらがな索引で語彙解説を検索することできます。中国との留学教育交流業務に携わる皆様にご活用いただければ幸いです。

★本書籍については、JAFSA事務局での販売は行っておりません
 購入ご希望の方は、最寄りの書店でお求めください。

(例外的に、JAFSA主催のセミナー/関連イベント開催時に有料で配布する場合がございます。)


中国SIGとは?
中国SIGは1997年に留学生の受け入れを担当する教職員有志によって、中国との学生交流のノウハウの集結、情報の共有を主な目的として設立されました。これまで、JAFSAの夏期研修会での分科会の担当、各種研修会への講師派遣、近年は毎年3月に研修会を開催し、会員以外の方への参加も積極的に呼びかけてきました。これまで、中国人留学生の大学入学資格、偽造書類の問題、中国語研修の実施方法、中国派遣の安全管理、中国人留学生の就職など、幅広い内容について研修してきました。3月には「JAFSA中国SIG主催研究集会」(日時:3月20日(土)11:00-17:00/場所:関西学院大学梅田キャンパスアプローズタワー14F)が開催されました。
また、中国SIGのメンバーを中心に「中国と日本の留学交流」(JAFSAブックレット)、「大学事務職員のための日中留学交流の手引き」の発行を手がけてきました。

※中国SIGについてはこちらもご参照ください。
 




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。