JAFSA広報イベント

JCSOS創立20周年・JAFSA設立50周年 合同記念イベント


特定非営利活動法人海外留学生安全対策協議会(JCSOS)」と「特定非営利活動法人JAFSA(国際教育交流協議会)」は、両団体の設立記念年にあたる2018年に、合同記念イベントを開催しました。
以下そのご報告です。

「JCSOS創立20周年・JAFSA設立50周年 合同記念イベント」


JCSOSとJAFSAは、共に大学の国際化を支援し、留学生増加を促進する団体として、共通する活動側面を多く持っています。この2団体で共同開催する今回の周年記念イベントでは、角度を変えて、「音楽」という国境・言語にとらわれない国際交流に焦点を当ててみました。
本イベントは3部建ての構成で、第一部ではJAFSA団体理事校の「日本大学」様より「芸術学部教授 萩原氏」をお招きし、「音楽を学び、生きていくということ」と題して基調講演をいただきました。
第二部では「ウイーンフィル首席チェロ奏者/ロベルト・ナジ氏」とそのご家族による「ファミリーコンサート」を開催。この演奏会は、JCSOS理事の能勢氏のネットワーキングにより実現したものです。世界トップクラスの方の演奏を間近で生で聴けるという大変貴重な機会で、演目もクラシックでは有名な曲を選りすぐりました。
第三部では「設立合同記念情報交換会」として、両団体の会員様同士の懇談の場を設けました。情報交換、ネットワーキングの場としてご活用いただきました。


JAFSA高田事務局長による開会挨拶

JCSOSスノードン理事(杏林大学 副学長)によるスピーチ 隣はJCOS池野理事長(JAFSA団体理事)


3部とも会場は東京都港区の「国際文化会館」で行いました。
「国際文化会館」は、岩崎小彌太氏(三菱財閥創始者、岩崎彌太郎氏の甥)が戦前に所有していた、日本庭園のある閑静な都心の敷地(3000坪)に1952年に建てられ、日本と世界の人々の間の文化交流と知的協力を通じて国際相互理解の増進をはかることを目的に運営されています。
今回の国境・言語にとらわれない国際教育交流というテーマにふさわしい会場にて、美しい庭園を背景に、音楽に親しみ会員様同士での交流を図るひと時を過ごしていただきました。



《開催データ》

1. 共 催 :特定非営利活動法人海外留学生安全対策協議会(JCSOS)
      特定非営利活動法人JAFSA(国際教育交流協議会)
  協 力 :日本大学 (JAFSA団体理事校)

2. 開催日時: 2018年6月6日(水) 13:00~17:30(受付開始 12:30)
     第一部(13:00-13:45 基調講演)、第二部(14:00-15:40コンサート)、
     第三部(16:00-17:30 情報交換会)

3. 開催場所: 国際文化会館 地下一階
      〒106-0032 東京都港区六本木5‐11‐16

4. 参加人数: 第一部 60名 / 第二部 100名 / 第三部 80名


日本を代表するフルート奏者でもある萩原氏

和洋の文化を比較しながら演奏交えてご講演いただいた



《イベントスケジュール》

第一部:「基調講演」
   13:00-13:10 開会挨拶 / JAFSA 高田事務局長
   13:05-13:45 基調講演「音楽を学び、生きていくということ」
                   / 日本大学芸術学部教授 萩原貴子氏
第二部:「コンサート」
   14:00-15:40 「ウイーンフィル首席チェロ奏者ファミリーコンサート」
            ロベルト・ナジ氏 / チェロ、エヴァ・カルドス氏 / ピアノ
第三部:「設立記念合同情報交換会」
   16:00-17:30 「設立合同記念情報交換会」
   17:30     閉会挨拶 / JCSOS 池野理事長



ナジ氏ファミリーコンサート風景

熱気ある演奏に万雷の拍手が送られた




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。