EAIE2015(グラスゴー/スコットランド)

報告:EAIE2015 第27回年次大会 全体報告(於:英国・グラスゴー)

STUDY in JAPAN stand (EAIE2015)


EAIE2015グラスゴー大会
 ~The 27th Annual EAIE Conference in Glasgow~


EAIE(European Association for International Education)の年次大会は、欧州での国際高等教育大会では最大規模のものです。今年は「2015年9月15日-18日に 英国グラスゴー」にて開催され、参加者5,000人以上、参加国90か国を記録しました。
 ***EAIE2015グラスゴー大会の詳細は、公式サイトをご覧ください。⇒
  The 27th Annual EAIE Conference (official website) ***

このEAIEグラスゴー大会において、JAFSAはJASSO(日本学生支援機構)と共同で、JAFSA会員大学・機関を取りまとめて「STUDY in JAPAN (日本合同ブース)」を出展致しました。
以下、その様子をお知らせ致します。


大会会場_EAIE2015

大会会場_EAIE2015

会場風景(下段はEAIEブース)


“STUDY in JAPAN” at EAIE2015 ~30 exhibiting institutions~


EAIE2015大会での日本ブースには、国内の「29大学・1企業(JAFSA賛助会員)」が出展しました。
EAIEではNAFSA同様、国・地域ごとにまとまって出展する傾向が年々強くなってきていますが、その中でも日本ブースは、規模的にも大きなパビリオンで、会場内の注目を多く集めました。


1. Exhibiting Institutions_EAIE2015

2. STUDY in JAPAN_EAIE2015 Conference Programme


STUDY in JAPAN had 30 exhibiting Institutions at EAIE2015. It was a large pavilion in the Exhibiton Area.
STUDY in JAPAN were exhibiting to showcase the study and exchange opportunities, research activities, and other educational programmes of 29 leading Japanese universities and 1 organisation !


STUDY in JAPAN stand (EAIE2015)

STUDY in JAPAN stand (EAIE2015)


“STUDY in JAPAN”スタンド(ブース)は、立地的にも動線の良い場所で、常に多くの方が来場され、ブースは終日盛況でした。
会場内の具体的な位置や、日本ブース内の各団体の配置、シェアブースの時間割は、下記をご参照ください。(画像をクリックすると拡大されます)


Exhibition Floor Plan EAIE2015

3. Stand Placement_EAIE2015

4. Time Table_EAIE2015


STUDY in JAPAN Reception (Thu-17th-Sep)


We had a reception at the stand on 17-Sep. About 300 people visited our stand and enjoyed delicious Japanese sweets, crunchy snacks and Japanese green tea.
Thank you for all visitors who joined us !

STUDY in JAPAN Reception (EAIE2015)


EAIE2015 ~STUDY in JAPAN~出展参加報告書


EAIE2015大会の「日本合同ブース」に出展された大学より、下記の2大学に、参加報告書を書いていただきました。
出展に至った背景、出展前に準備されたこと、大会中の活動など、貴重な体験談を書いていただいています。ぜひご覧ください。
  ⇒EAIE2015 年次大会参加報告書(立教大学)
  ⇒EAIE2015 年次大会参加報告書(神戸大学)


EAIE2015 JAFSA奨励セッション


海外フェアにおいてJAFSAは、団体会員大学・機関を取りまとめたブース出展のみでなく、セッション発表により、日本の高等教育を対外的にプロモートすることにも力を入れています。
日本の国際交流担当者の知識・スキル・経験などを伸ばす意味でも、JAFSA会員の発表参加を奨励しており、JAFSA理事による事前審査が通った方には、大会参加への「補助金(発表奨励金)」を支給しています。

EAIE年次大会での発表は、この「奨励金」制度が設けられており、採択者は現地にて「JAFSA奨励セッション」であることを言及して発表いただきます。
2015年度は「立命館大学 堀江未来氏」が選出されました。その発表の様子は下記よりご覧ください。
  ⇒EAIE2015 JAFSA奨励セッション報告




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。