2017年度 実施報告

報告:British Council 共催・実践英語研修「第1回 Introductory Business English」 (2017年5月22日、東京)

開催データ


研修名Introductory Business English
日 時2017年5月22日(月)9:50-17:30
場 所ブリティッシュ・カウンシル(東京・飯田橋)
講 師ブリティッシュ・カウンシル英語講師 Andy Drought (アンディ・ドラウト)
参加者数団体正会員12名/8大学

《参加者所属先…団体正会員大学…》 (地域別50音順)
<関東> 国際基督教大学、首都大学東京、多摩美術大学、東海大学、
    武蔵大学
<中部> 南山大学、松本大学
<九州> 九州女子大学


研修内容(コース構成)
1. Socialising: Meetingsomeone for the first time.
2. Telephoning: Basics and dealing with simple enquiries
3. Email: Basic layout and dealing with enquiries
4. Email and notices for students: procedures


研修参加報告


報告者:仲川 亜希子(東海大学)


本研修では、初対面で会った時に使う挨拶表現、会話を発展させていくポイント、基本的な電話応対やメールの書き方など、職場で必要とされる基本的な英語ビジネススキルについて学び、ペアを組んでロールプレイングをおこなった。


1. Socialising : Meeting someone for the first time

初対面で会った人との会話では、“QAAA”Question → Answer →Add more information → Ask a question back を会話の中に取り込むことがポイントとなる。ここでは、何度かペアを代えて、初めて出会うシチュエーションから、会話を発展させていく練習や会話内容に合わせた感嘆表現、急用で帰宅しなければならない場合の会話など、様々なケースの練習を行なった。本学には、海外からの訪問者が多く、初対面の方への印象はとても重要なので、相手のリズムに合わせて会話を弾ませていけるように心がけていきたい。


2. Telephoning : Basics and dealing with simple enquiries

電話に出た時から電話を切るまでの一連の流れを学び、自然に言葉が出てくるようにペアでの実践練習を行なった。電話対応では、決まった表現がいくつかあるので、これらのフレーズが自然に出てくるようになることが、スムーズな対応にもつながると思う。ペアでの練習では、電話での一連の流れだけでなく、相手の声が小さい時不在時、転送をする時など例外的なケース等についても練習をすることができた。業務の中でも、突然、海外からの問い合わせが入るので、相手の表情が見えない分、明るく大きな声で抑揚をつけ、簡潔に会話をすることが、スムーズかつ丁寧な電話対応につながると思う。


3. Email : Basic layout and dealing with enquiries

英文Emailでは、メールの題、目的や詳細が一目で分かるように簡潔に分かりやすくまとめ、Emailを出す相手や内容によって、Formal / Informal、Direct / Indirect、Natural / Inaturalなどを使い分ける必要がある。私は、外国人研究者の受け入れ業務を担当しており、英文Emailを出す機会が多いので、大変勉強になった。今回学んだ内容をいかし、メールを出す相手や内容を見極め、それぞれのケースに適したメールを作成していきたい。


4. Email and notices for students : procedures

3で学んだEmailの基本的な書き方を基本に、ペアを組み、各々の担当業務から共通テーマを決めて(例 奨学金の申し込みについて、VISAの取得方法について等)学生への告知メールを作成し、他のペアと情報交換を行なった。告知メールは、題や内容を簡潔明瞭に、提出期限や場所などを強調するなど多くの学生が一目で理解できるような工夫が必要となる。


私自身は、2回目の研修参加になるが、今回のセミナーにおいても多くの学びがあり、大変有意義な時間を持つことができた。特に今回の研修では、自分でペアを探し、ペアやグループを何度も代えながら、実践方式で会話の練習を重ねていくという研修であったので、参加者一人一人と会話をすることができ、交流を深めることもできた。一方的に学ぶだけでは、頭で考えて英語を発してしまうので、やはり実際に言葉を発してみる、実践してみるという事が非常に重要な練習であるのだと感じた。今回学んだ研修内容は、現在の業務に直結していることが多く、早速、業務の中に生かしている。是非、機会があれば、他の研修コースにも参加させていただきたい。


以上




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。