2019年度募集要項

【受付終了】<会員限定> 実践英語研修 「第2回 Writing for Public Access Communication ~大学広報文の書き方~」(2019年7月8日・東京)

British Council / JAFSA共催
Practical English for International Office Staff
~国際業務担当者向け実践英語研修~

<Writing for Public Access Communication
~大学広報文の書き方~>


British Council (ブリティッシュ・カウンシル)は、英国の公的な国際文化交流機関です。英国では公益団体(非営利組織)として登録されています。
今年度も、ブリティッシュ・カウンシルとNPO法人JAFSA(国際教育交流協議会)共催で、国際業務担当者向けの実践英語研修を実施します。この研修は、ブリティッシュ・カウンシルがJAFSAと協議の上で企画したもので、2008年度より開始し、受講者は延べ990人近くになっています。
英語教授法の資格を持ったネイティブ講師が指導にあたります。英語を直接使用したグループ
ワーク中心で、国際業務に直結した、実践的な研修内容となっています。英語でのビジネス対応力のスキル・アップを目指します。
研修参加は、業務に直結するスキルアップだけでなく、他大学・機関の方とのネットワーキングの良い機会ともなります。スタッフの現場力UPに、当研修をぜひご活用ください。


1.開催日時


2019年7月8日 (月曜日) 9:50~17:30 (受付9:30~)


2. 開催場所


ブリティッシュ・カウンシル (東京・飯田橋)
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2
[アクセス] http://www.britishcouncil.jp/about/japan/access


3. 対象


JAFSA会員で、主に国際業務を担当している方
※これから従事される方、この分野に関心がある方等、現在国際担当者でなくとも受講可能です。
※人気のある研修のため、受講はJAFSA会員に限定致します。


4.英語レベルの目安


中級~上級
※研修は全て英語で行います。


5.定員


18名 ※申込先着順、定員になり次第締切り


6.参加費 (研修受講料、テキスト資料代を含む)


19,000円/1名


7.持ち物


お名刺(ぜひご参加の皆様同士の交流を深めてください。名札としても使用します)


8.申込方法


下記JAFSA HPの指定フォームよりお申込みください。
https://www.jafsa.org/xoops/modules/eguide/event.php?eid=205

★団体会員大学(学生数3,000名以上)の方で、研修無料枠を利用する場合は、上記フォーム内の
 団体会員大学特典「研修無料参加枠」利用(★)欄に必要事項をご記入ください。
 特典利用をご検討の際は、学内のJAFSAご担当者様とご相談の上、お申込み頂くようお願い致
 します。
 http://www.jafsa.org/hiroba/organization/entry-1269.html
★申込締切(6月26日)後、数日内に「参加費請求書」を郵送致します。
  *** 参加費の払込み締切日は【2019年8月2日(金)】です。***


9. 参加申込締切 


2019年6月26日(水)17:00
募集を終了しました


10.キャンセルについて


【2019年6月26日(水)17:00(申込締切)まで】  無料
【2019年6月26日(水)17:00(申込締切)以降】  支払いの有無に関わらず1万円
【当日】 全額
※当日欠席の場合、連絡の有無にかかわらず、全額を申し受けます。団体会員大学の方が
 特典「研修無料参加枠」を利用されている場合、「一回使用」とカウント致します。
 お申し込み者ご本人のご都合による不参加により、代わりの方が参加される場合は、
 手数料として3,000円の請求書を発行いたしますので、ご了承ください。


11.問合せ先


JAFSA事務局
TEL: 03-5155-3780  E-mail: info@jafsa.org
※この件に関する、ブリティッシュ・カウンシルへの直接のお問合せはご遠慮下さい。


12.研修内容


◆コース:<Writing for Public Access Communication ~大学広報文の書き方~>
大学の配布物(案内)や、ウェブサイトを効果的に書く方法を学びます。

◆教材と教授法: JAFSAと協議のもと、ブリティッシュ・カウンシルが作成します。
研修内では、英語教授法の資格を持ったネイティブの講師が教え、コミュニカティブ・アプローチ法を使用します。グループワークが中心で、参加者は可能な限り英語で話すように求められます。

◆担当講師: ブリティッシュ・カウンシル英語講師 Esther Ratcliff (エスター・ラトクリフ)
英語を教える国際教授法資格であるケンブリッジCELTAとDELTAを保有するブリティッシュ・カウンシルの講師です。英国出身で、スペインにて約7年間の教授経験があり、日本では2015年より英語を教えています。ケンブリッジ英語検定やIELTS、一般英語の教授経験も豊富です。


13. タイムスケジュール


SessionLanguage and Functions
9:50-10:00Welcome
1
Writing for the web

10:00-11:30
  • What makes a good webpage
  • Kinds of webpages
  • Focus on layout, clarity and structure
  • Comparisons with good/bad websites
  • Practice
2
Using easy to
understand and
attractive language

11:40-13:10
  • Being clear, direct and polite
  • Redundant language
  • Using emphasising or minimising language
  • Using positive adjectives
  • Using facts and testimonials
  • Practice
13:10-14:10Lunch(各自)
3
Brochures

14:10-15:40
  • What makes a good brochure
  • Evaluation of brochures from participants’ universities
  • Making your text eye-catching
  • Prioritising content
  • Layout and clarity
  • Practice
4
Writing memos,
notices and group emails

15:50-17:20
  • Making your text eye-catching
  • Prioritising content
  • Layout and clarity
  • Language for rules and obligations
  • Degrees of obligation
  • Practice
17:20-17:30End of course ceremony and farewells

14. 研修報告書の執筆依頼について


JAFSAのホームページで掲載させていただく研修報告の執筆を依頼することがございます。
A4一枚相当でクレジットとして「報告者:氏名(所属<大学名のみ>)」が入ります。募集〆切後に
事務局よりご連絡いたしますので、お引き受け頂きますようお願いいたします。
************************************************************
↓過去の研修報告はこちらからご覧ください。↓
http://www.jafsa.org/hrd/english/
***********************************************************