2018年度 実施報告

報告:British Council 共催・実践英語研修「第7回 Business Writing ~ビジネスライティング基礎編 ビジネスレターとメールの書き方(中級)~」(2018年11月13日・東京)

開催データ


研修名Business Writing 
~ビジネスライティング基礎編 ビジネスレターとメールの書き方(中級)~
日 時2018年11月13日 (月) 9:50~17:30 (受付9:30~)
場 所ブリティッシュ・カウンシル (東京・飯田橋)
講 師ブリティッシュ・カウンシル英語講師  Ms Annie Hubert (アニー・ハバート)
参加者数団体正会員11名/10大学

《参加者所属先…団体正会員大学…》 (50音順)
神奈川大学、国士館大学、淑徳大学、大正大学、東海大学、東京大学、日本大学、
武蔵野大学、明治大学、立正大学


研修内容(コース構成)
  1. Basic writing conventions and formal vs. informal
  2. Letters of invitation
  3. Giving information
  4. Making arrangements,requests and offers


研修参加報告


報告者:寺門 明日香 (武蔵野大学)


本研修では英語レベル中級者を対象にビジネスライティング基礎編として、ビジネスレターとメールの書き方を学んだ。研修は終日英語で行われ、レター作成方法やシチュエーション別のレター、メールの書き方や自然な表現について講義形式、そして2〜4名のグループワークを行いながら学んだ。研修内容は以下の通りである。


Session 1: Letters and Email. Basic writing conventions and Formal vs. Informal
セッション1では、主に基本的なレターの構成について、そしてレターに用いるにあたり、どの表現がフォーマルかインフォーマルかについて学んだ。普段、英文のメールを書く際に挨拶文をどの程度書いたら良いのか、敬称の付け方などに悩むことがあったため大変参考になった。


Session 2: Letters and Email. Invitations
招待する際に用いる表現について、実践を行いながら学んだ。実際の業務を想定しながらレターを作成し、グループ内で共有した。グループ内で共有することで、様々な表現について学ぶことができた。


Session 3: Email. Giving Information
情報を提供する際のメール文章の構成やレイアウト、表現について学んだ。メールでオファーをする際に適切な表現について、実践を交えながら学ぶことで理解ができた。


Session 4: Email. Making arrangements, requests and offers
アレンジをする際の表現について、自分からオファーする場合とリクエストする際の2つの場面を想定しながら学んだ。現在の業務では海外協定大学の担当者とメールでアポイントメントのアレンジをすることが多く、実際にメール文章を作成し、表現を確認することで非常に参考になった。


最後に:
業務上英語でメールを書く機会が多くあるものの、適切な表現や書き方について悩み時間が掛かることがあったため、今回の研修に参加した。研修を通して、適切で自然な表現について実践を交えながら学ぶことができ大変有意義な研修であった。また、グループワークを通して他大学の参加者とお互いの大学や業務内容について情報交換ができたことも非常に貴重な経験であった。

最後にこの場をお借りして、研修の機会を設けてくださったJAFSA、British Councilの皆様、そして当日参加された皆様にもお礼を申し上げたい。


以上




チャレンジ25キャンペーンバナー画像
JAFSAはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。