研修・ワークショップ

【参加者募集!】JAFSA国際共修研修2022「すべての学習者が自分らしく学べる国際共修をつくるには」(2022年11月11日@Zoom)

【参加者募集!】JAFSA国際共修研修2022「すべての学習者が自分らしく学べる国際共修をつくるには」(2022年11月11日@Zoom)

JAFSA国際共修研修2022
すべての学習者が自分らしく学べる国際共修をつくるには
~学生と考えるDiversity(多様性) & Inclusion(包摂性)~

企画・協力(敬称略):
東北大学 末松 和子
立命館アジア太平洋大学 平井 達也
東北大学 米澤 由香子
東洋大学      秋庭 裕子
運営:特定非営利活動法人 JAFSA国際教育交流協議会

【本研修の概要・目的】
 近年、Diversity, Equity & Inclusion(DEI)というテーマが世界的にも大きな注目を集めており、教育に限らず企業や地域社会においても、様々な個性や違いを持つ人々が自分らしく生きられる環境づくりへの意識が高まっています。多様な文化的・言語的背景をもつ学生同士の学び合いである国際共修にとっても、DEIは関係性の深い概念です。公正・公平さを担保することは当然ながら、とりわけ国際共修では、学習者の多様性を尊重することを基礎としたうえで、すべての学習者を包摂する学習環境を作ることがとても重要となります。一方で、それでは多様性や包摂性とは何なのか、それは国際共修にとってどのような意義があり、どのように取り入れていくとよいかという点は、まだ曖昧な部分も多いのが現状です。
 そこで、今回のJAFSA国際共修研修では、とくに多様性と包摂性(D&I)にフォーカスし、これらについて体験的に理解を深めながら、国際共修の実践へ取り入れるために必要なポイントを学ぶことを目的とします。具体的には、参加者がD&Iを「自分ごと」としてとらえることができるような個人ワークをいくつかおこなった後、D&Iを取り入れた国際共修環境を考えるグループワークをおこないます。これにより、国際共修とD&Iの関係を理解したうえで、国際共修に参加するすべての学生が自分らしく学ぶ環境をつくる姿勢を身につけることを目指します。また、これまでのJAFSA国際共修研修と同様に、研修に参加者する方々のネットワークを築くことも、本研修のねらいとします。

1.開催日時

2022年11月11日(金) 10:00-15:30(お昼休憩1時間含む)
※出欠及びインターネット接続確認のため、 開始10分前にログインし、準備をお願いします。

2.開催方法

リアルタイムオンラインセッション(Zoom)
※ 事前に研修用のZoomのリンクをメールでお送りします
※ 予め各自、Zoomのダウンロードをお願いします

3. 対象

大学やその他の教育関連機関で留学生・外国人研究者の受け入れや国内学生の派遣留学、キャンパスの国際化、国際教育や国際交流、大学国際化等に関わる教員および職員。
基本的に、国際共修の授業や課外活動プログラムをこれまでに少なくとも一度は企画、実施した経験がある、もしくは現在担当している教職員の方々を対象とします。

4. 定員

20名   ※但し、最小開講人数は 12名とする。

5. 参加費

JAFSA会員  <15,000円>
会員でない方  <21,000円>
内訳: 15,000円(研修費)+6,000円(JAFSAフレンズ(個人賛助会員)入会費)
※参加費は、研修受講料・資料代を含みます。

★JAFSAフレンズ(個人賛助会員)のご入会について、詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.jafsa.org/membership/how-to-join/application/

6. 参加申込方法

下記指定フォームよりお申込みください。
https://forms.gle/9kuP4Y4fSFzepLodA

*Googleフォームを使用しております。PC環境のためご利用出来ない場合は、事務局までご連絡ください。申込フォームには簡単な事前アンケートが含まれます。併せてご回答ください。

★団体会員大学(学生数2,000名以上)の方で、研修無料枠を利用する場合は、上記フォーム内の団体会員大学特典「研修無料参加枠」利用欄に必要事項をご記入頂き、JAFSA窓口ご担当者様の承認を得た上でお申込み下さい。
研修無料枠特典利用の詳細については、下記リンクをご参照ください。
https://jafsajapannetworkforinter.app.box.com/s/w1rfbaxhn7b9u1udnal8cr4lc6xnnwg6

★申込締切 (10月26日)後、数日以内に「参加費請求書」を発行致します。※参加費の払込み締切日は【2022年11月30日(水)】です。

〈申込〆切後〉の請求書再発行や領収書(原則PDF)発行には手数料1,000円がかかります。内容をお確かめ頂きご不明点は大学の担当者もしくはJAFSAにご確認の上、お申し込み下さい。
①申込締切後の内容変更(請求書の宛先、日付などの変更)
※お申し出がない場合の請求書の宛先は「所属団体名 所属部署名 お申込み者様」です。
②申込締切後の追加依頼(領収書発行依頼、請求書原本郵送依頼など)
③請求書の再発行(原本紛失/ダウンロード期間超過による再発行)

7. 参加申込締切

2022年10月26日(水)17時

8.キャンセルについて

【2022年10月26日(申込締切日) 17:00まで】無料
【2022年10月26日(申込締切日) 17:00以降】支払いの有無に関わらず1万円
【当日】全額
※当日欠席の場合、連絡の有無にかかわらず、全額を申し受けます。団体会員大学の方が特典「研修無料参加枠」を利用されている場合、「一回使用」とカウント致します。
お申し込み者ご本人のご都合による不参加により、代わりの方が参加される場合は、手数料として3,000円の請求書を発行いたしますので、ご了承ください。

9.研修日程
※時間、講義内容など変更になる場合があります。ご了承下さい。

2022年11月11日(金)10:00-15:30

【事前資料】
参加決定者には国際共修に関する事前資料をお送りしますので、事前にお読みください。

【研修当日】
10:00~10:05  事務局挨拶、講師挨拶
10:05~10:45  Diversity(多様性)を自分ごとにする講義とワーク
10:45~11:40  Inclusion(包摂性)の意味と意義を考える講義とワーク
11:40~12:00  前半のまとめ/ 午後のグループワーク概要説明
12:00~13:00  休憩
13:00~14:15  グループワーク「国際共修にD&Iの視点を取り入れる」
14:15~14:45  グループワーク成果発表
14:45~15:00  国際共修におけるD&Iのグッドプラクティス
15:00~15:30  Q&A・閉会のあいさつ

【研修担当講師】(敬称略)
末松 和子
東北大学 総長特別補佐(国際交流担当)高度教養教育・学生支援機構 グローバルラーニングセンター 副センター長・教授

平井 達也
立命館アジア太平洋大学 教育開発・学修支援センター センター長・教授

米澤 由香子
東北大学 高度教養教育・学生支援機構 グローバルラーニングセンター・准教授

秋庭 裕子
東洋大学 国際共生社会研究センター 客員研究員

10. 研修報告書の執筆依頼について

JAFSAのホームページで掲載させていただく研修報告の執筆を依頼することがございます。A4一枚相当でクレジットとして「報告者:氏名(所属<大学名のみ>)」が入ります。募集〆切後に事務局よりご連絡いたしますので、お引き受け頂きますようお願いいたします。

↓過去の研修報告はこちらからご覧ください。↓
https://www.jafsa.org/n-other/trainingreport-02-outreach-international-seminar20211217/

当日の様子
当日の様子

【問合せ先】

特定非営利活動法人JAFSA(国際教育交流協議会)
Email:  《事務局代表アドレス》(クリックでアドレス表示)