JAFSAメンバーシップ

団体会員種別と年会費

団体会員種別と年会費

団体・機関により、ご入会いただける「会員種別」と「年会費」が異なります。

会員種別 対象機関 年会費
団体正会員 大学、日本語学校等の学校・教育機関、国際教育交流に関わる非営利団体(財団法人、社団法人、NPO、NGOなど) 5万円~20万円(大学は学生数により異なる)
※詳しくは「1番」をご覧ください。
団体賛助会員 国際教育交流に関わる企業 10万円~50万円
※詳しくは「2番」をご覧ください。

※年会費は「年度締め」で、毎年「4月1日から翌年3月末日まで」の1年間です。年度途中のご入会でも、割引きや月額払いはありません。

1. 団体正会員の年会費

◆「大学」は「学生数」により年会費が異なります。
算定基準となる「学生数」は、会費支払い該当年前年度に各大学が文部科学省に提出した「学校基本調査記載の学生数(5月1日現在)」を元にしています。
全会員大学に毎年9月に「学生数調査」を行い、次年度会費を確定します。
◆「大学」は、会費額に応じて「特典」を設けています。ぜひご活用ください。

学生数
(学部・大学院合計)
22年度
年会費
※特典1
研修参加無料枠
※特典2
ML登録数上限
20,000名以上 ¥200,000 年度内3回まで 30件まで
10,000~19,999名 ¥150,000 年度内2回まで 20件まで
2,000~9,999名 ¥120,000 年度内1回まで 15件まで
500~1,999名 ¥100,000 なし 10件まで
500名未満   ¥60,000 なし 10件まで
日本語学校 ¥50,000 なし 10件まで
在日公館、海外大学、
教育機関(大学以外)
¥100,000 なし 10件まで

※特典1 2022年度研修開催予定:特典無料枠を是非ご利用ください。
※特典2 ML登録数に、JAFSA窓口(ご担当者)の方のメールアドレスは特典数としてカウントしません。

 例)日本語学校の場合
   JAFSA窓口メールアドレス1件 + 最大10件のメールアドレス(特典部分)
   大学・高専(2,000名~9,999名)の場合
   JAFSA窓口メールアドレス1件 + 最大15件のメールアドレス(特典部分)

研修名 実施回数 定員 
初任者研修 年5回実施予定
(5月、6月、7月、10月、12月)
各回20名
※2日間に分けて開催(両日半日づつ)
実践英語研修 年7回実施予定
(5月、7月、8月、9月、10月、11月、12月)
各回12名
※1日 終日開催予定
DE&I研修
年2回実施予定(10月、2月) 各回20名
国際共修研修 年1回実施予定(11月) 20名
※1日 終日開催予定
危機管理ワークショップ 年2回実施予定(4月、10月) 各回30名

 

◆2023年度からの「団体正会員年会費」
2022年度の総会(2022年6月14日開催)において、2023年度(2023年4月1日)からの年会費及びカテゴリーの一部改定が、以下の内容にて承認されました。
(赤字が変更箇所です)

学生数
(学部・大学院合計)
23年度
年会費
※特典1
研修参加無料枠
特典2
ML登録数上限
20,000名以上 ¥200,000 年度内3回まで 30件まで
10,000~19,999名 ¥150,000 年度内2回まで 20件まで
1,000~9,999名 ¥120,000 年度内1回まで 15件まで
500~999名 ¥100,000 年度内1回まで 15件まで
500名未満  ¥60,000 なし 10件まで
日本語学校 ¥50,000 なし 10件まで
在日公館、海外大学、
教育機関(大学以外)
¥100,000 なし 10件まで

賛助会員「カテゴリー」に応じて年会費が異なります。
どの「カテゴリー」を選ばれるかで、活動展開、広報展開の度合いが異なります。

下記資料をご覧の上、さらに詳細を知りたい方は《 JAFSA事務局 》(クリックでアドレス表示)までお問合せください。